ガリガリ君“ナポリタン味”は取り返しのつかないほど大赤字だった

Jeana
2016/02/14
グルメ
あとで読む

13日の「ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(TBS系)では「国民的大ヒット食品のヒミツ2時間SP」を放送。

誰もが一度は食べたことがある、ポテトチップスやポッキーのヒミツが公開され、コアなファンも多い、ガリガリ君のヒミツも明かされた。

暑い夏、爽やかなブルーで涼しげなガリガリ君は、子どもたちから愛されている片手で食べられるかき氷、
定番の味以外にも、数々のフレーバーが発売され、その数はなんと100種類。
中でも、2012年に発売された「コーンポタージュ味」は、斬新な味が人気で、生産がおいつかず発売3日で販売休止になり、後に発売されたシチュー味も人気だった。

そして2104年には、ナポリタン味を発売した。
番組に出演した、AKAGI乳業のマーケティング部・部長の萩原氏は、「ナポリタン味は取り返しのつかない赤字を叩き出しました」とぶっちゃけた。

萩原氏によると、その金額は約3億円。
在庫は320万本ほどで、その原因は「やっぱりマズかったんですよ」と、事実を告白。
お客様からも、「マズい」、「ふざけるな」、「いい加減にしろ!」などのクレームが殺到したそうだ。

コーンポタージュ味、シチュー味が大ヒットして、次はどの味にするかというときに「魔が差したんでしょうね」と反省していた萩原氏。

そして、AKAGI乳業に残っていたわずかなナポリタン味をスタジオに持ち込み、出演者が試食。
やはり、「マズい」との声が続々とあがった。

また、ナポリタン味は社内でも不評だったが、漫画家の蛭子能収だけは「美味しい」と言っていたことも明かされた。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催