地方化も進む!? ニュータイプ編集長に聞いた、注目のアニメスタジオは!?

学生の窓口編集部
2016/01/26
学生トレンド
あとで読む


日本のアニメは今や世界中で観賞されています。春夏秋冬、各シーズンごとに海外の掲示板でも「今シーズンの良かったアニメ」が議論されるぐらいですからね。さて、日本を代表する人気コンテンツ「アニメ」を制作しているのが「アニメスタジオ」。今回は、このアニメスタジオについて取材しました。

一般の人に最も知られているアニメスタジオといえば、恐らく宮崎駿監督で有名な『スタジオジブリ』ではないでしょうか。でも、日本には他にも多くのアニメスタジオがあります。『月刊ニュータイプ』(KADOKAWA発行)の水野寛編集長にお話を伺いました。

――日本で一番大きなアニメスタジオというとどこなのでしょう?

水野編集長 有名なところでは『東映アニメーション』ですかね。『ONE PIECE』『ドラゴンボール超』『魔法つかいプリキュア!』といった人気シリーズを長期にわたって制作している会社です。子どものころに一度は見たことがあると思います。

――アニメスタジオはやはり東京都に固まってあるのでしょうか?

水野編集長 ほとんどは首都圏にありますが、最近は地方にも有力なアニメスタジオがあります。例えば、

●『ufotable(ユーフォーテーブル)』(東京都に本社/徳島県に徳島スタジオあり)

『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』『GOD EATER』などを制作

●『京都アニメーション』(京都府に本社)

『けいおん!』『無彩限のファントム・ワールド』などを制作

●『P.A.WORKS(ピーエーワークス)』(富山県に本社/演出・制作部門は東京にあり)

『花咲くいろは』『SHIROBAKO』などを制作

●『Go Hands』(大阪府に本社)

『マルドゥック・スクランブル』『K』『COPPELION(コッペリオン)』などを制作

といったアニメスタジオですね。今は制作体制もデジタル化が進んでいるので、昔より場所を問わなくなっているんだと思います。また、その地域を舞台にしたアニメを制作することで、ファンが聖地巡礼としてそこを訪問するといったことも起こっています。『P.A.WORKS』制作の『花咲くいろは』はその代表格といえるでしょう。

また、『ufotable』の近藤光社長は徳島県の出身ですが、地元の人との交流を非常に大事にされていますね。『マチ★アソビ』という、アニメ・ゲームなどのエンターテインメントが集うイベントを毎年徳島県徳島市で開催しています。現在は年2回開催で、2015年ですでに15回開催され、来場者数は約8万人にもなります。

――なるほど。アニメスタジオがあることで町おこしになったりするのですね。

水野編集長 ただ、単純に地方にアニメスタジオを作ればそうなる、という感じではなくて。『マチ★アソビ』にしても近藤社長のように、良い作品を制作して、それがファンに認められ、その上で自分から積極的に地元に働きかけて状況を生み出してきています。ここまで来るのにたいへんな時間と労力をかけられていると思いますね。

――面白いといいますか、ユニークなアニメスタジオはありますか?

水野編集長 ユニークなのはどのスタジオもそうなのですが、昨年初めて取材で訪れた時、ちょっと雰囲気が違うな、と思ったのが、『ポリゴン・ピクチュアズ』です。『シドニアの騎士』で日本市場に本格参入し、現在『亜人』を制作している会社です。フル3D CGアニメーションを手掛けていますが、制作手法、制作進行の管理などがとてもユニークかつ効率的な印象を持ちました。

全体の進行状況がパソコンで確認でき、適正な人員配置を随時行っているそうです。

――それはすごいですね。

水野編集長 もちろんキャラクターデザインや脚本制作など根幹の部分はアナログ作業ですが、そこから先の作業がだいぶ変わってくるみたいですね。仕事は基本、朝早く全員出社し、定時で終わるそうです。こういったアニメスタジオはなかなかないのではないでしょか。アメリカのクライアントと多く仕事をされてきたのも理由のひとつかもしれません。

――新しいアニメスタジオも増えていますよね。

水野編集長 『進撃の巨人』のTVアニメシリーズで一躍に有名になった『WIT STUDIO(ウィットスタジオ)』や『アイドルマスター シンデレラガールズ』『心が叫びたがってるんだ。』ほか人気作をたくさん手がけている『A-1 Pictures』などでしょうか。あと最近発表されましたが、福島県にスタジオを置く『福島ガイナックス』の今後の展開にも注目したいですね。

――ありがとうございました。

アニメスタジオにもいろいろあって、それぞれに個性的なのですね。その個性がさまざまなアニメを生み出し、視聴者を楽しませてくれているのです。あなたは、アニメスタジオというと、どんな会社を思い浮かべますか?

⇒アニメ情報誌『月刊Newtype』公式サイト

http://webnewtype.com/

(高橋モータース@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催