あなたは大丈夫? 話し方で相手をイラっとさせてしまう人の特徴5つ 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

■聞き上手ではない

自分が主役であることを好み、自分が主役だとイキイキしていますが、いざ自分がおもてなしをされると慣れていなかったりもします。 会話はキャッチボールです。一方通行のプレゼンですら、相手の表情や理解度を考え、その場の空気感を察知し、悋気応援にキャッチボールをしていく必要があるんです。

■流暢なことと、伝わることは違います

最近の学生はすらすらと話せる印象があります。しかしながら、それが伝わることとはまた一つ違います。伝わる魅力的な会話になるか、それとも、屁理屈をこねくり回してるように聞こえるのかは、細かいところの積み重ねの違いです。ぜひ、相手にことをもっと意識してしゃべるようにしましょう!

文・谷洋二郎

2

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催