みんな憧れた! 変身ものの少女アニメランキングTop10

学生の窓口編集部
2016/01/06
学生トレンド
あとで読む


女の子が魔法などの不思議な力で変身する「少女変身モノのアニメ」。例えばその先駆けといえば、『魔法使いサリー』でしょう。魔法を駆使して変身したり、トラブルを解決していく姿は多くの女の子の憧れでした。今回は、数多くある「変身少女アニメ」の中から、特に女の子から人気だった作品を、ランキング形式で紹介します。

●第1位 『美少女戦士セーラームーン』

ドジで泣き虫の中学生・月野うさぎ。ある日彼女は額に月の模様のある、人の言葉を話すネコのルナと出会います。それがきっかけでうさぎは美少女戦士セーラームーンに変身し、街を襲う妖魔と戦うことになり……。

少女漫画雑誌『なかよし』で連載された同名漫画が原作。アニメの1期に当たる本作は1992年から1993年にかけて放送されました。女の子が変身して戦う「美少女戦士もの」の先駆けともいえる作品で、社会現象になるほど大ヒット。特に女児からの支持は絶大で、変身アイテムなど関連グッズがすぐに売り切れるなどしました。今でもリメーク作が放送されるなど高い人気を誇ります。

本放送:1992年3月7日-1993年2月27日
原作:武内直子
シリーズディレクター:佐藤順一
作画監督:只野和子
脚本:富田祐弘/柳川茂/隅沢克之/杉原めぐみ
美術監督:椋尾篁
キャラクターデザイン:只野和子
主なキャスト:月野うさぎ(CV三石琴乃)/水野亜美(CV久川綾)/火野レイ(CV富沢美智恵)/木野まこと(CV篠原恵美)/愛野美奈子(CV深見梨加)/地場衛(CV古谷徹)/ルナ(CV潘恵子)

製作:テレビ朝日/東映エージエンシー/東映動画

●第2位 『ふたりはプリキュア』

中学2年生の美墨なぎさと雪城ほのかは、ある日悪の勢力・ドツクゾーンの怪人に襲われます。大ピンチに陥る二人でしたが、そこへ光の園の妖精が現れ、二人に伝説の戦士プリキュアへ変身する力を与えます。なぎさとほのかはプリキュアへと変身し、怪人と戦うことになる……というストーリー。

2004年から2005年にかけて放送された、今なお続く『プリキュア』シリーズの最初の作品。先ほどの『美少女戦士セーラームーン』と同じく「美少女戦士もの」で、こちらも女児を中心に大ヒットしました。玩具の売り上げは100億円以上と、女児向け玩具の市場では記録的な数字をたたき出しました。海外でも高い人気を誇ります。

本放送:2004年2月1日-2005年1月30日
原作:東堂いづみ
シリーズディレクター:西尾大介
作画監督:爲我井克美/飯島秀一/東美帆/川村敏江/青山充/生田目康裕/高橋任治/桑原幹根/河野宏之/はっとりますみ
脚本:川崎良/清水東/羽原大介/成田良美/影山由美
美術監督:行信三
キャラクターデザイン:稲上晃
主なキャスト:美墨なぎさ(CV本名陽子)/雪城ほのか(CVゆかな)/メップル(CV関智一)/ミップル(CV矢島晶子)/ポルン(CV池澤春菜)/ジャアクキング(CV小野健一)/クイーン(CV松谷彼哉)
製作:ABC/ADK/東映アニメーション

●第3位 『魔法の天使クリィミーマミ』

10歳の森沢優は、ある日魔法世界「フェザースター」の妖精を助けます。そのお礼として魔法のステッキを貸し与えられた優は、魔法の力で16歳の少女に変身。その姿で街を歩いているところを、芸能プロダクションの社長からスカウトされてしまいます。優は小学生とアイドルという不思議な二重生活を送ることに……というあらすじ。

1983年から1984年にかけて放送された作品。同時期に放送された『魔法のプリンセス ミンキーモモ』と並び、1980年代前半の魔法少女アニメをけん引しました。魔法少女+芸能アイドルという組み合わせは、当時はアイドル全盛期だったこともあり大きく注目され大ヒット。また主人公の優を本物のアイドル歌手が演じたことも影響が大きかったといえます。

本放送:1983年7月1日-1984年6月29日
原作:伊藤和典
監督:小林治
総作画監督:河内日出夫
脚本:伊藤和典/島田満/戸田博史/柳川茂/土屋斗紀雄/金子修介/小西川博/まるおけいこ/川崎知子
美術監督:小林七郎
キャラクターデザイン:高田明美
主なキャスト:森沢優(CV太田貴子)/大伴俊夫(CV水島裕)/如月みどり(CV安西正弘)/ネガ・ポジ(CV肝付兼太/三田ゆう子)/ピノピノ(CV間嶋里美/中野聖子)/立花慎悟(CV井上和彦)/綾瀬めぐみ(CV島津冴子)
制作:スタジオぴえろ

●第4位 『ひみつのアッコちゃん』(第2作)

小学5年生のアッコちゃんは、ある日両親からもらった手鏡を壊してしまいます。悲しむアッコちゃんでしたが、鏡の精の不思議な力で壊れた手鏡が「いろんな人に変身できる魔法のコンパクト」に変化します。友達思いの彼女は、コンパクトの力を使って人助けを始めますが……。

赤塚不二夫の少女漫画が原作のアニメ。同作は3度テレビアニメ化され、この2作目は1988年から1989年にかけて放送されました。2作目は特に玩具(コンパクト)が爆発的な売り上げを記録。発売直後に売り切れが続出するなど、最終的に150万個もの売り上げとなりました。当時は「ごっこ遊び」をする女の子が非常にたくさんいたのですね。

本放送:1988年10月9日-1989年12月24日
原作:赤塚不二夫
シリーズディレクター:芝田浩樹
作画監督:梨澤孝司/堀川留子/増田信博/斉藤一彦/須田正己/松本朋之/小幡公春/山崎展義/山口聴/今川よしみ/近藤優次/菊池城二/羽山淳一
脚本:星山博之/浦沢義雄/山崎晴哉/武上純希/大橋志吉/栗原浩一
美術デザイン:坂本信人
キャラクターデザイン:兼森義則
主なキャスト:アッコ(CV堀江美都子)/モコ(CV杉山佳寿子)/大将(CV塩屋翼)/少将(CV三輪勝恵)/シッポナ(CV渡辺菜生子)/パパ(CV銀河万丈)/ママ(CV太田淑子)
製作:フジテレビ/読売広告社/東映動画

●第5位 『おジャ魔女どれみ』(第1期)

魔法に憧れる小学生・春風どれみは、ある日マジョリカという女性と出会います。どれみは、いつも読んでいる魔女の本に出てくる魔女とマジョリカが似ていることから、彼女が本物の魔女だと見破ります。そのせいでマジョリカはカエルになってしまい、どれみは彼女を元に戻すために魔女見習いとして働くことに……。

ブームとなった『おジャ魔女』シリーズの最初の作品で、1999年から2000年にかけて放送されました。主人公たちが魔女見習いとして活躍する変身ものではありますが、メーンは人間ドラマが中心。派手なバトルを繰り広げたりはせず、また事件の解決も魔法任せでないことも多いなど、変身ものでは珍しい作品でした。登場人物たちがそれぞれ個性的な点も見逃せません。

本放送:1999年2月7日-2000年1月30日
原作:東堂いづみ
シリーズディレクター:五十嵐卓哉/佐藤順一
総作画監督:馬越嘉彦
脚本:栗山緑/影山由美/大和屋暁/吉田玲子/吉村元希/前川淳/喜多川夏音
美術デザイン:ゆきゆきえ/行信三
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
主なキャスト:春風どれみ(CV千葉千恵巳)/藤原はづき(CV秋谷智子)/妹尾あいこ(CV松岡由貴)/瀬川おんぷ(CV宍戸留美)/飛鳥ももこ(CV宮原永海)/ハナちゃん(CV大谷育江)/マジョリカ(CV永澤菜教)
製作:ABC/ADK/東映アニメーション

次のページみんな憧れた! 変身ものの少女アニメランキングTop10

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催