親に婚約の報告の時のマナー。親の好感度を上げるために気をつけたいことは?

学生の窓口編集部(LA)
2015/12/06
学生トレンド
あとで読む

プロポーズをして(されて)いよいよ婚約!そうなると、次に求められるのは双方の親への報告ですよね。義両親となる人たちに気に入られることは、結婚をする上で今後に連なる重要なポイントです。そこで、失敗しない報告の仕方を紹介します。

●プロポーズから婚約の報告までの流れ

プロポーズが成功したら、まずは自分の両親に報告をしましょう。連絡は必ず「直接」行うこと。大切な話なのでメールなどに頼らずに、家に帰って話すか電話で話すかのどちらかで行いましょう。この時大切なのは、相手がどんな人でいつ頃結婚しようと考えているかを伝えることです。そしてその上で、挨拶に行く日を相談します。挨拶は家族が揃っていることが前提なので、両親の都合のよい日程で決めます。気をつけてほしいのは、自分たちの都合を優先させないことです。家族となる人に礼儀を尽くすためにも、両親の意向を聞いた上で決めましょう。また、婚約の報告に行く際は、女性側(もらわれる側)を先にすることがマナーです。

●挨拶の日におすすめの服装(男性版)

日程が決まったら、婚約の報告のための準備を整えましょう。通常、今日話して明日伺うということはありません。1~2週間空くことがほとんどなので、その間に髪を整え、スーツを揃えるなど訪問の用意を整えます。

訪問時の服装は、男性の場合はスーツがおすすめです。色は紺やグレーで、中には白または淡い色のシャツを着用します。当日になってスーツがよれっとしていないように、事前にクリーニングに出しておくようにしましょう。また、見落としやすい点として、靴と靴下があげられます。せっかくパリッとしたスーツを着ても、靴が汚れていては減点対象です。靴は綺麗に磨かれたものを、靴下はできるだけ新品を履いていきましょう。

●挨拶の日の服装(女性版)


挨拶に伺う日、女性の場合は清潔で上品な印象を心がけます。事前に美容院に行き、髪を整えておきましょう。この時、明るい色に染めている人は、落ち着いた色に染め直すことがおすすめです。当日の服装は、ワンピースまたはスカートにジャケットという落ち着いた装いを選びます。アクセサリーはパールか小さめのものがおすすめです。髪はまとめて、清潔感のある装いを意識します。小物も気をつけるポイントです。バッグは小さめのもので、ブランドバッグはNGです。靴はヒールが低めのパンプスを。ヒールの高い物やミュールは失礼に当たるので注意しましょう。また、エンゲージリングは、もらっていたとしてもつけない方がよいと言われています。

次のページ報告をする時に注意したいこと

関連記事

関連キーワード

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催