初めての婚約挨拶マナー。彼氏、彼女の親にはどう接すればいい?

学生の窓口編集部(LA)
2015/12/06
学生トレンド
あとで読む

恋人との婚約が決まれば、次の関門は両親への挨拶です。婚約のための挨拶の場では、未来の親となる人たちに好印象を与えたいものです。そんな挨拶の場で気をつけたいこと、好感を持たれるために気をつけること、知っておくといいことを紹介します。

●お互いの両親に相手の情報を伝える

結婚を決めるのは2人の間のことですが、両家への結婚報告はどうしても避けられないものであり、何よりも緊張する瞬間ですよね。そこをうまく乗り切るためには、何と言っても事前の根回しが必要です。挨拶の日程が決まったら、まずは両親に、相手の人となりやどんなことを好むのか、出身地や家族構成など、基本的な情報を伝えておきましょう。食事を出すのであれば、好みや食べられないものも伝えておきます。また、当日避けてほしい話題があるのなら、それも事前に伝えます。挨拶の場は、和やかなムードになることが何よりも大切です。お互いによい雰囲気で過ごせるように事前に配慮しておきましょう。

●恋人との間で両親の情報を交換する

両親に恋人の情報を伝えたら、次はお互いの両親に対する情報を共有します。性格、仕事、癖、趣味の他、当日和やかに過ごせるようにどんな話題を好むのか、何が好きなのかなど。また、この話題を持ち出せば機嫌がよくなるという話題があれば、それも伝えておきます。もちろん、失敗がないようにNGな話題もちゃんと共有しましょう。婚約が決まった途端、挨拶の服装を揃える人がいますが、できればお互いの両親に対する情報共有が終わってからの方がよいでしょう。挨拶の日のポイントは、「お互いの両親に気に入られること」です。両親に好印象を持たれる服装にするためにも情報共有後の購入をおすすめします。また、当日の手土産候補として相手の両親が好む物(菓子、お酒)も忘れずに聞いておきましょう。

次のページ挨拶の日のためにマナーを勉強しよう

関連記事

関連キーワード

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催