一番の悩みの種ともいえる結婚式の費用。失敗しないポイントとは?

学生の窓口編集部(LA)
2015/12/10
学生トレンド
あとで読む

結婚式・披露宴の費用に関するサイトは数多く存在しているため、ほとんどの方はある程度の相場をご存知なのではないでしょうか。私も結婚式に関してある程度の知識は持っているつもりでした。ですが・・・実際に始めてみると分からないことばかり。ここではそんな結婚式費用に関する落とし穴、現実的な予算の立て方と節約術をご紹介します!

●夫婦となる2人の初めての共同作業

近年、少人数挙式やスマート婚などいわゆる地味婚を選ぶカップルが増えているとはいえ、結婚式・披露宴の総額となる費用の全国平均額は333.7万円だそうです。私自身この数字を見て「当分結婚式は難しいな・・・」と思った一人でした。しかし、実際にはご祝儀もあったりするので、2人の持ち出し金額はそこまで大きくありません。始めから余裕をもって結婚資金を用意しているカップルの方が意外と少ないのではないでしょうか。結婚式は大きなお金が動きます。大事なのは、多くの情報収集と計画性!そして決断力です。これは2人の初めての共同作業といえるでしょう。金銭感覚は夫婦においてもっとも重要です。 初めは誰しも浮かれてしまいがち。沢山の落とし穴があることをよく心得ておきましょう!

●知っておくべき!式場とのトラブル事例

まず立ちはだかるのは式場選びでしょう。インターネットや本を見ても様々な式場、ホテル、ゲストハウスがあります。"模擬挙式"を見ることができたり、無料の試食会なども沢山!私も浮かれて早速ポチッと予約しました。そんなとき偶然にも見かけた朝日新聞の記事に、全国の消費生活センターなどに寄せられた結婚式をめぐるトラブル相談が、2014年度までの過去5年間で約8200件を数え、その約9割は契約・解約に関する相談だったとの記事が載せられていました。「説明を5時間聞き、冷静な判断ができず内金20万円を支払った。後悔して翌日キャンセルを伝えたが、返金できないと言われた」「1年以上前にキャンセルしたのに、申込金20万円が全額キャンセル料とされた」といった事例が多いとのこと。

次のページ"仮見積り"と"本見積り"に驚く!?

関連記事

関連キーワード

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催