告白しないまでも……片思い中の異性に気づいてもらうためのアピール方法5つ

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

好きな人ができたら、ついついその人ばかり目で追ってしまいますよね。視線がよく合うようになると、だんだん意識してくれるようになる幸運なパターンもありますが、眺めているだけじゃ気づいてもらえないことも。片思いしている異性に気づいてもらうためにおすすめの方法を5つご紹介します。

■ あなたは特別だとアピールする

片思いしている異性に、あなたは特別だとアピールするにはわかりやすいくらいに表現することがポイント。飲み会の席では必ず隣に座ったり、旅行先のお土産はみんなと違うものをあげたりして、あなたは特別ということを積極的に伝えましょう。片思いの相手の顔を見ると、うれしそうに喜ぶことも好意を表すのに効果的です。

■ さりげないボディタッチ

露骨なボディタッチは引かれてしまう可能性がありますが、さりげなく服の裾を引っ張ったり、軽く肩や手に触れたりするボディタッチは、相手に「もしかして好かれているのかな?」と意識させることができます。嫌な相手には触られたくないと思うので、ボディタッチして表情がまんざらでもなければ、恋がうまくいく可能性ありです。

■ 定期的に連絡する

コミュニケーションの回数が多いほど、相手への理解が深まって親しくなれるもの。片思いの相手に自分の存在を意識してもらうためには、定期的に連絡しましょう。LINEやメールなどで絵文字や顔文字を使って、かわいく感情表現してみて。ときにはハートマークを使ってドキッとさせることもおすすめです。連絡するタイミングは相手が忙しそうなときを避けて、あまりしつこくならないように注意しましょう。

■ 1対1で会う

1対1で会って、相談に乗ってもらったり、相手の悩みを聞いてあげたりして関係を深めましょう。相談に乗ってもらったときはいつも「あなたに聞いてもらって本当に良かった」と口に出して感謝することを心がけて。頼りにされるのはうれしいものなので、少しずつあなたの存在を意識してくれるようになります。

■ 共通点を見つける

片思いの相手が好きなことをさりげなく友人に聞いたりして調べましょう(ストーカーにならない程度に)。音楽・本・映画・スポーツ・ゲームなど、自分と共通の趣味があれば片思いの相手との会話で話題にしましょう。無理に話を合わせるのはボロが出てしまうので、自分も興味があることが前提です。好きなことが同じなら、自然と話が盛り上がって仲良くなり、2人の関係が進展します。

いかがでしたか? 片思いの異性に気づいてもらうためには眺めているだけではだめです。いきなり告白すると、よく知らないからと相手にふられてしまう可能性があるので、少しずつ好意をアピールしたり仲良くなっていったりして段階を踏んでいきましょう。片思いの相手と両思いになれるように、ご紹介した方法を今日からあなたも実践してみてくださいね。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催