片思いしたときにやってしまいがちな痛い行動5選

学生の窓口編集部
2015/12/01
恋愛
あとで読む

みなさんは恋愛していますか? 恋愛はとっても楽しいものですよね、今回は片思いした時にやってしまいがちな痛い行動を5つ挙げてご紹介したいと思います、相手のことが好きすぎてついついやってしまいそうになっても冷静でいられるように予習をしておきましょう、みなさんの恋愛成就に少しでもお役に立てれば嬉しいです。

■1.演技しすぎる

好きな人に気に入られたい一心で演技しすぎることがあります、例えば優しさをアピールしたいために本当の自分以上に優しく見られようとします、本当はそんなことしたくないのに相手の前で道端の子猫を抱いてみたり、スポーツで怪我をした相手の怪我の治療を必要以上に丁寧にしたり、これって実はバレバレで相手は不自然さを感じています、本当の優しさって滲み出てくるものなので意識してやろうとしなくても相手には自然と伝わるものなんです、よほど演技に自信がある人以外はやめておいたほうがいいでしょう。

■2.あからさまに相手を避ける

好きになってしまうとどうしても相手の事を意識しすぎて相手を避けてしまうこともあります、その心理自体はピュアでシャイな乙女心なので悪いことではないのですが、やり方があからさま過ぎると相手に悪い印象を与えてしまいます、その状態が続くと恋愛成就への道はどんどん遠ざかってしまうので普通に接せられるように少し冷静になりましょう、逃げることが癖になっている人はまずは逃げないことを目標に普段から意識するといいでしょう。

■3.相手を追いかけすぎる

相手の情報を集めて相手とわざと合うように行動したり、SNSで相手の投稿に対してすぐに反応をしているとちょっとうっとおしく思われることにもなるので注意が必要です、追われると逃げたくなるのは人間の心理ですので無理に追いかけるのはやめたほうがいいです。

■4.はしゃぎすぎる

好きな人と話すのはとても楽しいことですが、TPOをわきまえずに騒いだりするのは相手にとって迷惑になりますので状況に応じた行動が必要になります、いくら恋は盲目といっても自分を客観的に見れる目は忘れずに持っておきましょう。

■5.アプローチがうまくいかないと泣き出す

積極的にアプローチすること自体は悪いことではないですが、それがうまくいかない時に人前で泣き出したりするのはNGです、傍から見たらその男の人が泣かしているように見えるので本当に最悪です、泣きたくても人前ではぐっとこらえて影で泣いている姿が男心をくすぐったりするものです。

いかかでしたか? ついついやってしまっていることがありませんでしたか?頭では分かっていても実際に適切な行動をとるというのはなかなか難しかったりしますが、片思いが両思いに変わる日を信じて自分を向上させていけるといいですね。

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催