恋人と会話が続かない!? 困ったときに頼りたい会話テク

学生の窓口編集部
2015/12/01
恋愛
あとで読む

カップルの大事なコミュニケーションの一つであり、二人で過ごす時間の大部分を占める“会話"。

しかし、喋るのが苦手だったり付き合い初めて間もなくて会話が続かず困ってしまう場合もあります。

今回は誰でも実践できる、会話が弾むテクニックをご紹介します。

■相手のペースに合わせる

相手のペースに合わせると言っても、その方法や内容はさまざまです。まずは声のボリュームとテンションを相手に合わせましょう。

自分と相手の声やテンションといった熱量の差が大きいと、低い方の人は高い方の人に圧倒されて話しづらくなってしまいます。

また、発言のスピードやタイミングも人によって違うため、ポンポン発言する人もいればゆっくりと発言する人もいます。次々と喋る人は会話の間を奪ってしまいがちなので、もし彼がじっくりと考えてから喋るタイプの場合は会話の間にも注意しましょう。

■自分から会話をふる

会話のキャッチボールを上達させるためには、自分の引き出しを増やしておく必要があります。自分の引き出しが豊富だと、彼からふられた話題や一緒に見ているメディアの特集なども会話のネタとして使えます。

「どんな引き出しを増やせば良いの?」という人は、まず彼との共通点や彼の趣味について知識を増やしましょう。共通点を話題にすると盛り上がりますし、趣味の話をふられたら誰でもテンションが上がります。学校やバイト先、習い事が同じ場合には、彼と会っていない間に起こった出来事を自分のなかにストックしておきましょう。

■聞き上手、質問上手になる

自分から話をふることが苦手な女性は、聞き上手になりましょう。彼の話す内容に合った表情をつくり心のこもった相槌をうつだけで、話している相手からするとこれで充分 聞き上手に映ります。

また、オウム返し(=相手の言葉を繰り返す)をすると会話が盛り上がっていると脳が感じるので、話している相手に安心感を与えます。

しかし、聞き上手なだけでは結局 会話は途切れますので大事なのは質問することです。彼の話を真剣に聞き、そこで感じた疑問をそのまま彼に伝えましょう。彼は自分の話にあなたが興味をもってくれたことに喜び、嬉々として更に掘り下げた話をしてくれます。

女性は会話が途切れると焦ってしまいがちですが、男性は親友といても沈黙が続くことも多いのでご安心を。沈黙すらも心地良く感じられるほど彼と長く一緒にいるために、お互いに無理せず、二人のペースや共通の話題を作っていってください。そして、上記を意識しなくても自然と会話を楽しめる二人になりましょう。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催