恋は盲目……は危険!? 片思いで失敗するパターン5つ

学生の窓口編集部
2015/12/02
恋愛
あとで読む

片思いが重症化すると、相手のことばかり1日中考えてしまうなんてこともありますよね。それはそれで楽しいのですが、周りが見えなくなって恋が失敗してしまっては元も子もありません。今回は、片思い中に気をつけたい、失敗パターン5例をご紹介します。

■電話・メールのしすぎ

片思い中の相手と連絡先の好感ができたことがうれしいあまり、意気込みすぎて連絡を取り過ぎてしまわないように注意しましょう。たまにメールをするぐらいならOKですが、付き合ってもいないのにたくさんメールや電話をすると、「私(僕)のことを好きなんだろうけど、この人重いからイヤだな」なんて思われてしまうとも! 連絡の量ではなく質をアップさせることも大事です。避けたいのは意味のないダラダラメール。読むのも苦痛ですし、返信するのはさらに苦痛です。

■お酒の上での失敗

好きな人と一緒の飲み会は、興奮したり緊張したりして、お酒を飲み過ぎると失敗しやすくなります。楽しく飲むのはいいですが、羽目をはずしすぎると相手をドン引きさせることにもなってしまいかねません。相手がいつも冷静なタイプならなおさら、酔ってうるさくなった人に嫌悪感を抱きます。楽しい場を盛り下げるのもいけませんが、お酒の量は控えめに。あまり飲まなくても、ニコニコ笑顔でいれば大丈夫です。万一お酒で失敗してしまったときは、「お詫びをさせて」とデートに誘うという手もあります。

■緊張のあまりぶっきらぼうに

予期せぬときに急に片思い相手と二人っきりになってしまい、緊張のあまりぶっきらぼうになってしまったことはありませんか? あなたの気持ちを知らない相手は、嫌われているのかな? と誤解してしまう原因にもなりますよね。二人きりになったとき、何を話すかあらかじめ自然な話題を用意したり、会話をシュミレーションしておくといいですよ。

■恋愛至上主義

片思いの相手の事ばかり一日じゅう考えてしまう気持ちはよくわかります。ですが、人生で恋愛を第一優先していると、いつも気持ちに余裕がなく、相手の反応で一喜一憂する状態になります。でも、そんな人って魅力的でしょうか? 仕事や趣味など、打ち込めることを見つけてそれを大事にすることで、あなたの魅力をアップさせられます。意識して興味の持てることを見つけてくださいね。

■曖昧な告白方法

自分で言うのが恥ずかしいからと、友人を通して思いを伝えたりと曖昧なことをすると気まずくなってその後話しにくくなってしまう可能性があります。いつまでも返事をもらえないのは辛いですよね。緊張しても、告白は直接ストレートに、がおすすめです。

いかがでしたか? 暴走してしまいやすい片思い中であっても、立ち止まって深呼吸し、客観的に自分を見つめてみることが大事です。もし、自分が相手だったらこれをされてどうか? という視点を持つことも重要ですよ。両思いになれるといいですね。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催