熱々カップルでも注意! 彼氏と結婚したい女子が見直したい5つのこと

学生の窓口編集部
2015/11/28
恋愛
あとで読む

彼氏といずれは結婚したいと考えている女子は少なくないでしょう。しかし、気をつけておかないと、彼氏の方がひいてしまい、カップル自然消滅なんてこともあるかもしれません。そうならないために見直したいポイントを紹介していきます。

■重くなっていない?

人それぞれ結婚願望は異なります。彼女の方が今すぐにでも結婚したいというのに対して、彼氏の方はまだそのことを考えきれずにいるかもしれません。特に、彼氏の方は社会人になって一人前にならないと、結婚できないと思っている人の方が大多数でしょう。よって、特にまだ社会的に自立できていないときに、結婚のことをほのめかされると重くなってしまうことがあります。適度に、「こういう生活がずっとできたらいいよね」という会話をお互いに楽しくできるくらいの関係性を築くことがポイントです。

■貯金している?

やはり結婚生活をしていく上で、現実的なところで必要になってくるのが経済力。今は女性の社会進出もあって、共働きという考えが一般的になりつつあるので、それなりに仕事をしていけば、生活に困ることは少ないでしょう。しかし、やはり結婚式を挙げるのにも、新生活をするのにも、ある程度まとまった資金が必要になってきます。したがって、それまでにできるだけ貯金をしておいた方が好ましいです。ただ、特に学生時代はお金が無いので、せめて浪費する癖を直すことくらいはしておいたがいいでしょう。

■料理はバッチリ?

一人暮らしで普段から自炊をしている人は、それなりに料理の腕前を磨いていることでしょうが、実家暮らしだと親に甘えてしまって、なかなか料理をするクセが無いという人もいるかもしれません。昔から花嫁修業の定番は料理でしたが、今は習い事などで気軽に教わる機会も増えたので、練習しておくことをおすすめします。普段のデートから、たまに手料理をふるまってみるのもいいでしょうね。ここで注意しておきたいのは、結婚となると健康にも気を遣った食事が好まれるようになることです。おいしさだけではなく、食育や栄養学の知識も学ぶとよいでしょう。

■料理以外の家事も大事

家事は、料理だけではありません。洗濯や掃除などもあります。特に、常日頃片づけするのが苦手な人は要注意。結婚すると生活する人が増え、ただでさえ散らかりやすくなるので、普段から整理整頓を意識しましょう。

■覚悟はできている?

今は近くにいる存在でも、社会人になったり転勤になったりすると、遠距離になる可能性もあります。カップルが自然消滅しやすい状況です。また、結婚して母親になると今までと全然違ったライフスタイルとなってきます。そのあたりの覚悟がきちんとできているか見直す必要があります。

どんなにずっと一緒にいたいと思っていても、環境が変わると、お互いの心情にも変化が生まれて、関係性が揺らぐことがあります。そういったときに、どう対処できるかを考えて、今のうちに見直せるポイントは、しっかり押さえていきましょう。

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催