長続きするにはこれ! カップルで上手に本音を言い合う&聞き出す方法

学生の窓口編集部
2015/11/27
恋愛
あとで読む

カップルとはいえ、相手が好きだからこそ本音を隠してしまったり、逆に本音を聞けず、不安になってしまうようなことはありませんか。そうなるとストレスを溜めてしまい、最悪爆発して喧嘩に発展してしまうことがあります。そういったことがないように、上手に本音を言う&聞き出す方法をマスターしましょう!

■ こまめな気持ちの伝達を心がけてみる

相手のちょっとしたところが気になったときに、それを言えないということがよくありますが、実はそういったことの積み重ねがストレスに繋がっていきます。ちょっと細かいかな? と思うくらいに、気になったことは都度伝えるクセを付けましょう。例えば相手の嫌なしぐさなどに気づいた時にも、純粋にその仕草が嫌だと伝えるのではなく、こうしたほうがいいよ、だとか、それってクセだよね?だとか、遠回しに指摘していくと相手もそれほど不快になることもないでしょう。そうやって1つずつ解消していけば、あれもこれも嫌い!という気持ちになってしまうことも防ぐことができるでしょう。

■ 相手が言えなそうなことは自分から言ってみる

本音をどうしても言えない人に対しては、無理して聞き出そうとするよりもあえて自分から「私って〜だと思うんだけどどう思う?」だとか、「ごめん、私最近〜だったね」というような感じで、相手の不満を先に自分から切り出してみると、相手も我慢していた口が緩み、本音を言ってくれることがあります。こういった方法を活用することで、相手の不満をこちらから解消していくことができますね。誰もが思ったことを口に出せる世界ではないので、カップルとして相手をサポートしてあげられると、一層仲の良い関係を築くことができるでしょう。

■ 本音を言い合える環境やルールを作る

本音を言うことは相手を傷つけるかもしれないと思い、どうしても避けがちですが、例えば言わなければいけない環境であれば、それでも言うしか無いと思わせることができます。例えばですが、二週間に一回は二人で飲みに行き、お酒を交えながら本音を言い合う場を設けることを決まり事にして、その場では思ったことを言っていいというルールを作ってしまうことで、相手も気が楽になり、口がゆるくなることが期待できます。特殊ではありますが、言わなければいけない、言ってもいいルールがあるだけで人の気の持ち方が変わりますので、試しに設定してみてはいかがでしょうか。

以上、簡単に紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか? 本音を言い合える関係は非常に難しいものですが、それができる関係になれば、お互いを信頼し、心を開ける仲になれるでしょう。そうすればカップルとしてもきっと長続きするでしょう。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催