別れたいカップル必見! 恋人を傷つけずに別れを伝える方法

学生の窓口編集部
2015/11/28
恋愛
あとで読む

悲しいけれど、別れたいと感じてしまった場合、パートナーにはどのように伝えるべきなのでしょうか。できれば傷つけずに別れたい気持ちをうまく伝えたいですよね。そこで、パートナーを傷つけずに別れる方法をまとめてみました。

■別れを意識し始めたら楽しいデートはしない

楽しいデートを続けていたのに、何の前触れもなく突然別れを切り出された。こんな状況では相手は確実に傷ついてしまいます。別れを考え始めたら、少しずつ気まずい雰囲気を出して、パートナーが察することのできるような時間を用意するようにしましょう。徐々部に日ごろ抱いていた不満を伝えていくのもいいでしょう。ふたりの関係がギクシャクとし始めたところで別れ話を持ちだせば、パートナーも理解してくれるはずです。

■感謝の気持ちを伝える

別れる際にとても大切なのが、パートナーに今までの感謝の気持ちを伝えるということです。結果的に別れることになってしまったとしても、それまでは一緒に過ごした時間が楽しいと思っていたからこそ付き合っていたわけです。別れるきっかけとなった原因にばかり意識が向きがちですが、こうした楽しかった思い出や優しくしてもらった経験にたいして「ありがとう」を言いましょう。

■理由をしっかりと話す

どうしてフラれたのかわからないという状況は、パートナーを必要以上に傷つけます。あなたが別れたいと思った理由を相手にきちんと話しましょう。きっと、あなたの話を聞けば納得してくれるはずです。また、理由をしっかりと示してあげることは、パートナーが今後、自分を高めようとするきっかけを与えてあげることにもつながります。あなたの誠心誠意も伝わるでしょう。

■相手を悪者にしない

別れる際、どうして別れるのか聞かれることでしょう。そしてすんなりその考えを受け入れてもらえないこともあるでしょう。そんな時、つい今までの不満をパートナーにぶつけてしまいがちです。けれど、恋愛というものはひとりでできるものではなく、別れることになった原因もそれぞれにあることが多いものです。パートナーだけが悪いのだと確実に言える場合を除き、相手を一方的に責めてしまうことは避けましょう。パートナーがすべて自分が悪いのだと落ち込み、恋愛に自信を持てなくなってしまう場合があるからです。

■希望を感じさせる言動はとらない

別れるかどうか迷っているという状況でもない限り、将来また付き合える時があるかもしれないといった希望を感じさせる言動はとってはいけません。別れても連絡を頻繁に取り合ったり、ふたりだけで会ったりすることはパートナーに期待をもたせ、余計に傷つけてしまうことになるからです。冷たいようですが、一貫した態度を貫くことが本当の優しさでもあるのです。

相手をまったく傷つけずに別れる方法というものはありませんが、できるだけ傷つかないように別れを切り出す方法はあります。とにかくあなたが誠実に、ふたりで話をする時間をきちんととって気持ちを伝えることが大切です。離れてしまった気持ちはそう簡単には元に戻りません。冷たいようですが、期待させてしまう言動だけはとらないように気を付けましょう。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催