片思いから大逆転! 脈なしと思っていた人と交際まで発展させる恋愛テク3つ

学生の窓口編集部
2015/12/01
恋愛
あとで読む

どんな集団にいても人気者になるあの人や、恋愛には興味が無さそうなこの人。手が届きそうになかった片思いの相手、無理かもと諦めてしまう前に、アプローチの仕方を変えてみるのはいかがでしょうか。気持ちの伝え方を変えることで片思いを脱出し、交際するチャンスをつかみましょう。

■まずは気持ちを伝えてみる

手が届きそうにない相手であっても、恋には落ちてしまうもの。相手が人気者だから、勉強やスポーツなど何かに打ち込んでいる最中だからと、気持ちを伝えることさえ遠慮していませんか? まずは気持ちを伝えてみなければ、永遠に交際のチャンスは訪れません。ただし、片思いの相手との接点がもともと限りなく薄い関係であれば、残念ですが交際につなげるのは厳しいかもしれません。遠くからそっと見守っているだけで、片思いの相手にはあなたの存在さえ認知されていないようなケースでは、唐突な愛の告白は逆効果にしかなりません。片思いの相手にあなたの存在さえ認知されていないのなら、まずは相手に知ってもらうところからスタートです。どうやってもあなたの存在さえ知られないようなら、諦めることも肝心です。

■気持ちを伝える時には、相手の負担にならないよう気を付けて

付き合うかどうかは別として、「あなたが好きです」という告白は、素直に嬉しいと感じる人の方が多いでしょう。告白した相手に交際相手がすでにいる場合や、何かに熱中していて、恋愛に割く時間が惜しいと思っているようであればまた別ですが。相手が脈なしであっても、好き好き大好きと好意を率直に伝えていれば、相手も憎からず思うものです。そして、こちらの好意を相手に伝える場合には、まずは「相手の気持ちや立場」を考えましょう。相手の負担にならないよう、頻度や濃度には気を付けて。熱烈すぎるアプローチに恐れをなし、相手が逃げ腰になってしまうこともあり得ます。好きを届けたいあなたの気持ちよりも、相手にあなたの気持ちを受け止める余裕があるのかを考えてみて。タイミングが悪ければ、悪印象にしかなりません。

■誰でもいいわけではなく、あなただから好きなんだと伝えよう

相手に好きになってもらうことよりも、自分の好きをまず伝えたい人は、「相手は誰でもいいんだろう」と思われるリスクがあります。真剣な気持ちも伝わらず、空振りに終わってしまいます。相手の気持ちやタイミングも考えず、執拗に好きを伝え続けていると、最悪の場合何らかのトラブルに発展してしまいます。誰でもいいんだろと思わせず、あなただから好きなんだと伝わるように、ことばは選んで。好きな相手であっても何でも肯定せず、行動や態度などにポイントを絞って、「だからあなたが好きなんだ」と伝えると効果的です。

アプローチの仕方や気持ちの伝え方を工夫することで、片思いと諦めていた恋でも交際に発展する可能性があります。ただし、どんなテクニックに頼ってみても、相手の気持ちが変わらないこともあります。いつかは振り向いてもらえるはずと努力を重ねることで、かえって止めどきがわからなくなるのは不幸です。引き際もわきまえておきましょう。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催