恋愛ベタ男性必見! 相手を楽しませるトーク術5選

学生の窓口編集部
2015/11/26
恋愛
あとで読む

口ベタで女性と話すのが苦手という男性は多いです。そんなあなたは、相手を楽しませるためには、お笑い芸人さんのような面白い話ができなければならない、と思っていませんか? 実は女性が楽しいと思う会話のポイントは、別のところにあるんです。今回は口ベタだからこそできる、女性を楽しませるトーク術について解説します。

■口ベタだからこそできるトーク術がある

女の子の好きなタイプに、「面白い人」というのがよく挙げられる通り、面白い話ができる人はモテます。お笑い芸人さんたちのように、おもしろいことを言って相手を笑わせてみたくても、口ベタな人には難しいもの。でも、面白い事を言って笑わせる話芸がなくても、会話で相手を楽しませる方法はあります。特に口ベタな男性におすすめのトーク術を紹介します。

■相手より先に自分が笑うこと

面白いことを言って笑わせるのはとても難しいです。相手を楽しませたかったら、相手より先に自分が笑ってみましょう。そうすることで、空気がほぐれ、相手の笑顔を引き出しやすくなります。そのためには、何よりもまず自分が会話を楽しむことが必要です。相手を楽しませるコツは、自分が楽しみ、自分が笑うことにあります。

■自分の話になりすぎないよう気をつける

自分の話が大好きな男性には気をつけてほしいのが、人は自分の話をするときは、自慢話になりがちだということです。誰でも人の自慢話は聞いていて楽しい気分にはなりません。相手を楽しませたい時は、自分の話は極力控えるのがトークのコツです。もちろん、相手が興味を持ってあなたのことを聞いてきてくれるなら、ぜひ話してあげてください。自分のことを聞いてくれている時に話さないと、相手の女性も口ベタの場合、会話が弾まずに困ってしまうかもしれません。臨機応変に対応してください。

■女性が「どう思う?」と言ったときには同意する

もし、相手がいろいろ話してくれるようなら、共感を持って聞きましょう。気をつけたいのが、女性が「どう思う?」と言ったときには意見を求めているのではなく、同意を求めているということです。「どう思う?」と聞かれたら、「その通りだと思う」などと言って、相手に同意しましょう。決して「自分はこう思う。」などと意見を言わないこと。反対意見を言われると、気持ちよく話していた相手もとたんに「楽しくない」と思ってしまいます。相手を楽しませたい時は、反論しないことが、相手を楽しませるトークのポイントです。

■相手が笑っている時は自分も笑う

会話の流れで相手が楽しそうな様子をだったら、自分も笑ってみましょう。相手が笑っている時に一緒に笑わないと、話しが合わないのかな、と思われてしまいます。自分が笑っている時に一緒に笑ってくれると相手も安心しますし、それだけで会話が成立した気分になります。相手が面白いことを言ったりした時も、必ず笑ってあげてください。

いかがでしょうか。人を笑わせるような面白い話ができないと思っているなら、相手の話をとことん聞くことでも、トーク上手と思ってもらうことができます。女性は基本的におしゃべりが好きなので、それ合わせて付き合ってあげることで、楽しかったと思ってもらえるのです。

関連記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催