恋愛中の人は注意! 恋人とのすれ違いを打破する方法4つ

学生の窓口編集部
2015/11/26
恋愛
あとで読む

最初は顔を見るだけで嬉しかったのに、最近喧嘩ばかり、とか、最近私の話を聞いてくれない、飽きたのかも? 付き合いが長くなってくると、そんなふうに感じることもあるかもしれません。ここでは、そんなマンネリカップルに、すれ違いが起こる原因と、傾向と対策を贈ります。

■付き合いが長くなると起こりがちなのがすれ違い

付き合う前は一所懸命話を聞いてくれたカレ。でも最近私の話を聞いてくれない!または、大事なことを相談してくれない!付き合いが長くなってくると、そんなすれ違いが起こりがちです。これは男女の考え方の違いによる場合も大きいのです。付き合う前や、付き合い始めの頃、良く話を聞いてくれたけど、聞いてくれなくなったという場合は、カレが多少無理してあなたに合わせていたのが、落ち着いてきた可能性が大きいです。男性用の恋愛ハウツー本などには、モテるコツとして、「女性の話を良く聞く」ということが書かれていたりします。最初はあなたと付き合いたくて頑張っていたのが、本来の姿になってきた、と考えてみてください。

■話を聞いてくれない!→共感して欲しい話題は女友達に話す

聞いて欲しいだけで、アドバイスが欲しいわけじゃない。なのに、カレが勝手にアドバイスしてくる。そんな経験あると思います。共感を求める女性と違って、男性は問題を発見すると、それを解決をしようとしてしまいます。そんな考え方の違いから、「どうして私の話を聞いてくれないの?」「オレがアドバイスしてるのにお前こそ!」そんなことから喧嘩になることも。これを避けるためには、共感して欲しい話題なら、彼に話すのではなく、女友達に話すようにしましょう。カレには解決方法を聞きたいときに相談して。

■相談してくれない!→男性は人には悩みを相談しないもの

もうだいぶ長く付き合ってるのに、カレが自分に悩みを相談してくれない。そんなすれ違いも、男女の考え方の違いから起こりがちな悩みです。男性は、問題が起こっても、それを自分で解決することに意義を見いだします。基本的に人に相談はしないのです。もちろん誰かに相談をすることはありますが、その場合は、家族や友人・彼女のような身近な人よりも、専門家に意見を聞きます。男性は女性に比べて、誰か他人に相談をすること自体が少ないのです。

■すれ違いはいつまでも持ち越さないで

言い合いをしてしまったり、喧嘩をしてしまった時の悪い感情をずっと持ち続けたままでいると、二人の関係も悪くなってしまいます。もし些細なことで彼と喧嘩をしてしまったら、次の日には笑って、いつまでも悪い空気を持ち越さないようにしましょう。毎日会う相手なら、明るく挨拶すれば、彼もそれに応えてくれるはず。「きのうはごめんね。」と先に謝ってしまうのも一つの方法です。自分は悪くないから謝りたくない、という人は、自分が悪かった、という意味ではなく、関係を壊しそうになってしまったことに対する「ごめんね」だと思えば、ごめんなさいも言いやすくなるはず。すぐ会えない時は、ごめんねメールを送ってみて。

いかがでしたでしょうか? ちょっと難しいかもしれませんが、良い関係は、始めるよもり続ける方が難しいものです。すれ違いが起こるのは、二人の関係が長くなるとある意味仕方ないこと。お互いの違いを理解することが、長くつきあっていくコツです。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催