関西でも京都だけは“あんかけうどん”を“たぬき”という

Jeana
2015/11/25
グルメ
あとで読む

24日に放送された「ちゃちゃ入れマンデー」(関西テレビ)では、局地的な盛り上がりをみせている"地域限定"のヒット商品や食べ物を徹底調査。
関西の中でも、京都だけで広がりをみせているものをいくつか紹介した。

関東と関西では"たぬき"と"きつね"が違うことは、全国的にも知られている。
関東の人なら、「油揚げがのっているのがきつねで、天かすがのっているものがたぬきと思っている。
そのため、"きつねうどん"、"きつねそば"、"たぬきうどん"、"たぬきそば"の4つが存在。

しかし、関西では、"きつね"は、油揚げがのっているうどんのことを言い、"たぬき"は、油揚げがのったそばのことをいう。"きつねそば"と"たぬきうどん"はあまりない。

さらに違うのが京都で、"あんかけうどん"のことを"たぬき"と呼ぶ。
その理由としてはいくつか言い伝えがあり、刻んだ油揚げを入れたきつねうどんに、ドロッとしたあんをかけたのがたぬきなので、きつねがドロンと化けてたぬきになった説。

あんかけは見かけよりも、ビックリするほど熱いため、騙す、化かすとの意味合いでたぬきと言われた説がある。

隣が京都でありながら、その事実を知らない大阪人。
街の人たちは、「ありえへん」と否定していた。

また、京都の小学生はランドセルではなく、軽い素材で作られ、価格も手ごろな"ランリュック"を使用しているそうだ。

関連記事

関連キーワード

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催