最大の皮肉! 「手配写真」のシステムを作ったひとが、日本初の指名手配犯だってほんと?

学生の窓口編集部
2015/10/15
学生トレンド
あとで読む


悪いことをすると街じゅうに張り出される「手配写真」。そのシステムを作り出した江藤新平(えとうしんぺい)こそが、日本で最初に「指名手配」された人物なのはご存じでしょうか? 日本の司法制度の祖とも呼べる江藤新平は、現在の法務大臣や最高裁判所長官にあたる初代司法卿(しほう)を務め、日本の近代化に尽力した人物。江戸時代からおこなわれていた「人相書き」を「手配写真」に変え、警察の近代化もこのひとの功績です。ところが政府とは意見が合わず反乱に加担……こともあろうか自分の「手配写真」が出回り、日本発の「指名手配犯」になってしまったのです。■罪を憎んでひとを憎まず

明治維新の立役者のひとりである江藤新平は、1834年に佐賀藩の武士の長男として誕生した。16歳になると藩校である弘道館で学び、やがては政治結社・義祭(ぎさい)同盟のメンバーとなり、大隈重信らと行動を共にします。23歳になると「開国してもっと強い国になるべき」とした意見書・図海策(ずかいさく)を作成。先見の明がある! と評価され、これを機に脚光を浴びるようになりました。

28歳のときに脱藩し京都で活動、桂小五郎や伊藤博文など明治初期に活躍した人物らと交流を持つように。当時の「脱藩」は重罪で、江藤も捕まり佐賀に連れ戻されてしまいます。通常なら死刑にあるところを藩主・鍋島直正(なべしま なおまさ)の温情によって無期限謹慎に減刑されました。33歳になると、政権が朝廷に返上される「大政奉還」がおこなわれ、これを機に謹慎が解除され、江藤は佐賀藩の代表として政治デビューを果たしました。

それからの江藤は「法律こそ近代国家の根底」と考え、法律と司法制度の整備に尽力します。1872年・39歳のときに初代・司法卿(しほうきょう)に就任、現在なら法務大臣、最高裁判所長官などに相当する重職なので、活躍ぶりがうかがえよう。その後は「人民の権利を保護する」をキャッチフレーズに司法制度の土台を確立、悪人を取り締まるのと同時に「罪を憎んで人を憎まず」の精神から「監獄則および監獄図式」を発令。いまでいう刑務所での規則にあたり、

・まじめに作業した者には工銭(=給料)を支払う

・刑務所内に病院を新設する

と人間味あふれる内容もあれば、

・逃亡したらすぐに捕まえられるように、あらかじめ写真を撮っておく

と、性善説?性悪説?の両面を備えていた。この写真こそが、日本の元祖・手配写真である。

次のページ法に守られなかった「法の番人」

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催