都内にも! ジブリ映画の舞台&聖地と関連スポットまとめ

学生の窓口編集部
2015/11/07
学生旅行
あとで読む

ジブリ映画の舞台は、意外にも都内から近い場所に多くあるのです。そこで今回は、アクセスが簡単な場所を映画ごとに分けて紹介します。公式に参考にしたと言っているものから、憶測で判断しているものまで幅広く存在しています。

■『千と千尋の神隠し』の舞台

大ヒットとなった『千と千尋の神隠し』。屋台街は台湾の九フン、温泉宿は愛媛県の道後温泉、また中国の洪崖洞も参考にしていると言われていますが、いずれも一度は行ってみたい観光名所であるものの、都内からのアクセスはあまり良くありません。しかし、この映画は都内や周辺にある多くの場所を挙げることができます。目黒区下目黒にある目黒雅叙園は、結婚式場や宿泊施設などの複合施設です。映画では主人公の千尋が働く湯屋の舞台になっています。浅草寺境内の西隣に位置するホッピー横町は、千尋の父親と母親が露店でご飯を食べていたらいつの間にか豚に変わってしまうという恐ろしいシーンのモデルです。また他にも映画に出てくるシーンは多くの場所を参考にしています。油屋は江戸東京たてもの。釜爺の仕事場であるボイラー室は武居三省堂という文具店。またハクが龍の状態で千尋のもとへ飛び込むシーンは、以前赤坂にあった高橋是清邸。また、都心部から少し離れたエリアでは、山梨のコモア四方津が、千尋一家の引っ越し先の風景によく似ています。

■『となりのトトロ』の舞台

トトロの森として一般的に知られるようになった埼玉県所沢市の狭山丘陵は有名です。ふるさと基金が運営資金となっているクロスケの家という施設もあります。

■『紅の豚』の舞台

『紅の豚』では、ポルコロッソが飛行船を隠している場所が、静岡県下田市田牛エリアに似ていると話題になっています。写真と実際のシーンを見ると、確かに共通点が多いようです。

■『耳をすませば』の舞台

映画『耳をすませば』にも、都内をモデルにしている箇所がいくつか見られます。とくに映画でも中心になっている舞台が、聖蹟桜ヶ丘駅の周辺エリア。町中のシーンや神社での光景も全てそっくりです。町内観光する際には、『耳をすませば』のモデル地案内マップもあるので、映画のシーンを懐かしみながら、それを片手に町を散策してみるとよいでしょう。

■[番外編] ジブリ関連施設

番外編として、ジブリの関連施設を2件。三鷹にあるジブリ美術館には、ジブリに関する美術品が多数収められています。受付で迎えてくれるのはトトロ。建物の構造にもいろいろこだわった設計となり、遊び心あふれる空間となっています。また、小金井市にはスタジオジブリの本社があることでも知られています。この周辺にはユニークなデザインの建設物も多いので、それも合わせてチェックしてみてくださいね。

都内からアクセスが近い場所に絞って紹介してきました。冒頭に紹介した台湾の九フンなど、少し遠出にはなる場所も含めると、他にも多くの舞台となった場所が存在します。気になった方はぜひチェックしてみてください。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催