大学生だからできる! 閑散期の京都のおすすめ穴場スポットめぐり

学生の窓口編集部
2015/10/24
学生旅行
あとで読む

京都といえば、有名な観光名所も多い日本でも人気の高い観光地です。行楽シーズンには多くの人で賑わいますが、閑散期には驚くほどスムーズに観光めぐりができます。時間に比較的余裕のある大学生のうちに、穴場スポットめぐりをして思い出作りするのもいいでしょう。

■京都の魅力に触れるための観光スポット

京都は様々な観光名所が各所にあるため、一日で全てを回りきることは不可能でしょう。移動時間もさる事ながら、史跡や名所が多すぎて回りきれないからです。古都と呼ぶにふさわしい1200年以上もの歴史を抱える場所だからこそ、じっくり楽しみたいところですが、有名どころは現地にいくだけでも車の混雑や人ごみの多さで大変なものになります。こうした人気の場所は混雑時にはほどほどに巡り、人があまり来ない地元の人が知る穴場スポットを巡ればお得な気分になれるでしょう。

■京都めぐりの穴場スポット3選

京都の穴場スポットとして、以下の場所が混雑も避けられて、おすすめです。

・単伝庵

別名落書寺とも言われているこのお寺の中には、自由に願い事を書く事ができるようになっています。今でも参拝に訪れた人の願い事がびっしりと書かれているお寺です。(土・日・月限定)

・晴明神社

京都でも有数のパワースポットと言われている神社で、名前から平安時代の有名人安倍晴明にまつわる神社だとわかります。千利休の旧宅も近くにあるので、セットで楽しむのもいいでしょう。

・糺の森

世界遺産にも認定された36000坪にも登る広大な敷地を誇っていて、下賀茂神社境内にある子の森の中には、国家君が代に出てくる有名なさざれ石があります。

ここで挙げた観光地の他にも穴場と言われるスポットがたくさんあります。これらは密かに人気のある場所ではありますが、あまりメジャーにはなっていないので、狙い目の観光地と言えるでしょう。

■京都観光の閑散期はいつ?

気になる京都の閑散期ですが、一番の狙い目は1月の正月明けあたりから2月にかけてと言われています。宿泊先のホテルもガラガラの状態で、比較的リーズナブルな値段で止まることができるのでお得です。次の狙い目は6月と言われていて、夏休みに入る前の梅雨の時期にかかる季節が狙い目になっています。1月から2月にかけてならば、大学の休暇とも被る時期があるので、京都旅行の閑散期を狙うならおすすめです。ただし、京都の盆地は寒さが厳しい場所でもあるので、しっかりと防寒対策をしておく必要があるでしょう。

京都を旅行するなら、空いている時期を狙って悠々と旅行を楽しみたいものです。大学生の時代には長期休暇で使える時間も多いので、勉学の合間に有意義な時間を過ごして、青春時代を謳歌した思い出作りに訪れるのがいいでしょう。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催