政府の補助金が豊かな国5選

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

政府の補助金が豊かな国5選

世界には国からの補助金だけで生活できてしまう寛容な国があります。貧富の差が問題となってきている今だからこそ世界の補助金事情を知りましょう。


1.デンマーク

・片親で子供2人→31079ユーロ/年(約425万円)➡国民の平均所得の71.7%
・子供のいない大人→19050ユーロ/年(約260万円)➡平均所得の57.7%

政府は給料を値上げして大人が仕事へ戻るように助成を行っています。

2.イギリス

・片親で子供2人→約23625ユーロ/年(約320万円)➡平均所得の65%
・子供のいない大人→12818ユーロ/年(約170万円)➡平均所得の37.6%

デヴィッド・キャメロン首相は高額な補助金制度を改正すべく、単一補助金の創設を検討しています。

3.フィンランド

・最低でも子供が二人いるカップル→21681ユーロ/年(約300万円)➡平均所得の51.8%
・子供がいない大人→13527ユーロ/年(約180万円)➡平均所得の45.8%

政府は長期失業者や若い親たちが仕事に戻りたくなるように、休暇や残業などのいくつかの項目を削除する準備をしています。

4.オーストリア

・片親で子供が二人→21070ユーロ/年(約290万円)➡平均所得の64.4%
・独身者→10722ユーロ/年(約150万円)➡平均所得の39%

これに加え税金の払い戻しや教育特別手当などもあるのだとか。

5.オランダ

・片親で最低でも子供が二人→20974ユーロ/年(約290万円)➡平均所得の54.5%
・独身者→14945ユーロ/年(約200万円)

週の労働時間が平均30時間のオランダ、人によっては週に3~4日勤務なんてことも。

参照:Vivere di sussidi senza lavorare? In questi paesi si può
http://www.nanopress.it/mondo/2015/09/10/vivere-di-sussidi-senza-lavorare-in-questi-paesi-si-puo/89545/

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催