早稲田生の定番グルメ! 「伝説のすた丼屋」高田馬場店―人気の秘密はボリュームと秘伝のニンニク醤油ダレ!

編集部:はまみ
2015/09/17
グルメ
あとで読む

                               「すた丼」630円

ニンニクをガツンときかせた味つけに、お肉もごはんも大盛り級のボリュームで大人気の「すた丼」。各地に店舗が展開してブームが全国的に広がった際には、「こんな丼を待っていた!」と歓喜した人も多かったのでは? 今回ご紹介するのは、早稲田大学界隈にある「伝説のすた丼屋」高田馬場店。もともと東京多摩地区で店舗展開していた「名物すた丼の店」が、2004年に23区内初進出の地として選んだのは、都内有数の学生街である早稲田だった(※)。その時から、屋号を「伝説のすた丼屋」に変更したそう。本格的な「すた丼」ブームは早稲田から始まったと言えるかもしれない。
※現在は早稲田から高田馬場に移転して営業中

■実は手間のかかった繊細な料理
定番「すた丼」は、生卵・味噌汁付きで630円。学生のサイフにもやさしい価格だが、並盛りでもごはんは茶碗約3杯分。このボリュームが大きな魅力だ。さらに「一度食べるとクセになる!」と評判なのが、具の豚バラ肉とネギに絡めてある、秘伝のニンニク醤油ダレ。タレには、具体的な分量は非公開だが、とにかくニンニクが「たっっっっっぷり」使われているそう。
取材してみて驚いたのは、男らしく豪快なビジュアルに反して、実は「すた丼」が、かなり繊細な料理だということ。まず生の豚肉は、炒める前に油通しされる。「この工程のおかげで、余計な脂分を溶かし、見た目のわりに油っこさが少なくなるんです。また同時に、高温の油に通すことで、肉の旨味が閉じ込められます」(運営会社広報・昆野さん)。その後、豚肉と長ネギを秘伝のニンニク醤油ダレとともに強火で一気に炒め上げるのだが、鍋肌の温度、鍋を返す回数、火加減など少しのことで味が変わるため、調理には熟練の技を要すると言う。

■すた丼以外のメニューも見逃せない
「すた丼」のほかに、「ピー辛丼」720円、「チャーハン」630円、「すたみなカレー」680円も人気。メニューは意外と豊富で、定番の単品メニューだけでも14種ほど揃う。よりあっさり系のメニューや、「すた丼」のミニサイズ(100円引き)、ミニ丼にデザート付きの「レディースセット」700円などもあるので、女子でもけっこう楽しめそうだ。

【店舗データ】
店名:「伝説のすた丼屋」高田馬場店
所在地:東京都新宿区高田馬場2-13-3 橘ビル1F
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:なし
HP:http://sutadonya.com/
メニューはすべて税込み価格

【その他メニュー】
・ 油そば 630円
・ 餃子 250円

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催