初心者はとくに注意! 海外旅行で危険な目に合わないために気をつけたい5つのこと

学生の窓口編集部
2015/09/18
あとで読む

楽しい海外旅行の前はたくさんのプランを立てながら何かとワクワクするものです。しかし現地でも有頂天になっていると思わぬトラブルが発生することもありがちです。気づいたら「お財布がなくなっていた」など、海外旅行で被害を受けないために気をつけたい注意点を5つご紹介します!

■貴重品は肌身離さずしっかりと確認を!

真新しい海外の風景やグルメ、ショッピングなどに夢中になっていると、ついつい自分の所持品などに気が回らなくなってしまいがちです。記念写真を撮っている時などバッグは置き去りにしないようにしましょう。またいくらそばでもバッグは足元に置くのは止めましょう。バッグはリュックよりもたすき掛けができるタイプが両手が自由になるのでオススメです。

■人ごみの少ない場所は避ける

昼間でもスリなどが多発する海外では、人ごみの少ない場所へ行くのは避けましょう。海外旅行に慣れている人はなおさら注意したいポイントです。ディナーやイベントなどでの夜の外出をする予定のある人は、できるだけ二人以上で出かけることをオススメします。目的場所も賑やかで、環境の良いスポットを選びましょう。万が一トラブルが起こった場合助けを見つけやすくなります。

■あらゆる場所でお金を使う時はおつりを確かめる

観光客が多いスポットにありがちなのが、おつりの勘定を間違えることです。ミスをすることもありますが、わざと少なく渡されることもあります。観光客に慣れている商売人はやり方もハイテクニックですので、うっかりしていると少ないおつりをもらっていることがあります。店によっては偽札チェックを行う場所もあるので、お客としてはおつりをもらったらその場で確かめましょう。

■便利なタクシー! でも白タクに注意

白タクはもちろん正規のタクシーでも観光客を騙すことがあります。土地感のない観光客を狙ってお金の計算をごまかしたり、遠回りをしたり、同じ場所をグルグル回って距離稼ぎをするタクシーがいますので十分注意が必要です。タクシーに乗ったときはメーターがゼロになっているか、出発したら景色を見て同じ場所を通っていないかなどチェックしましょう。あらかじめ地図で目的地までのおおよその距離を知っておくと良いでしょう。

■飲食店ではあらかじめ値段を確かめる

ファーストフードや海外にも支店がある店舗はひとまず安心して食事ができますが、せっかく海外に来たのだからその奥に自慢の料理を食べたいものです。大抵レストランや喫茶店には飲食の値段が店内外に表示されていますので、しっかりと確かめてからオーダーしましょう。中には表示されていて自分で確信しても、会計時に「こんなに食べていない」というほどの値段を払わされる場所もありますので店員に聞いて確認すればベターです。またアイスクリームやクレープなどのテイクアウト系の食べ物はつい値段をチェックし忘れがちですので、後になって倍の値段を言われないように注意しましょう。

素敵な海外旅行にするためにも、トラブルゼロであってほしいものです。ちょっと気を引き締めながら注意するだけでさまざまなトラブルを避けることができるので、海外旅行で思う存分楽しみながら同時に注意することを心がけましょう!

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催