Webライターってどんなお仕事? ライターさんに聞いてみた

編集部:はまみ
2016/10/08
入学準備・新生活
あとで読む

空いた時間に腕を活かす! 急増中のWebライターってどんな仕事?

ニュースメディアやキュレーションサイトの急増で、需要が高まっているライター市場。一方で、1文字あたり1円を切るような原稿料の安さが取り沙汰されるなど、割に合わないという話も耳にします。Webライターって一体どんな感じで仕事をしているのでしょうか? いろいろなWebライターに聞いてみました。

■趣味を仕事に。人気ニュースメディアのライター・松岡さん

IT系企業で働く傍ら、「しらべぇ」「ITmedia」など複数の媒体で記事を執筆している松岡佑季さん。仕事で得た知見を活かしてマーケティングや営業についての記事を書くほか、趣味と実益を兼ねたグルメ記事を多く手がけています。

―どのようなスタイルでお仕事をされているのでしょうか。

「平日は本業に集中し、執筆は週末にまとめています。土曜日はお気に入りのカフェで書いて、日曜に取材に出掛けることが多いですね。最近は仕事が増えてきたので、平日の夜に書くこともあります」(松岡さん)

■気になる報酬は?

「趣味を兼ねることができたり、実績づくりにつながったりと、いろいろな兼ね合いをみて納得のいく原稿料をいただいています。マーケティングや営業といったビジネス寄りの媒体は比較的高めなことが多いですね」

報酬を得るだけでなく、キャリアを構築するという視点も持って仕事を選んでいる松岡さん。聞けば月に40本もの記事を書いているのだとか。ヒットするネタはどのようなところから着想を得るのでしょうか。

「友人との会話や仕事の中でヒントを見つけることが多いですね。テレビはあまり見ませんが、書店に足を向けたり、雑誌を呼んだりと、さまざまなところにアンテナを張るようにしています。編集部からはPV獲得のための情報収集術、書き方などの指導が入りますので、書き始めてから随分スキルアップできました」

―仕事はどのようにして得ているのでしょうか。

「全部自分から営業をして受けてきました。書きたいなと思った媒体に応募するなど、自分からアクションを起こしています。このあたりは本業での営業経験が活かせましたね」

―厳しい、きついと思うことはありませんか?

「実はあまりないんです。ネタ出しのときは確かに苦しいときもありますが、もともと書くことが好きでライターになったので。苦しさよりも、自分が書いたものをいろいろな人に見ていただく喜びのほうが大きいです。自分の名を売ることで、本業にもプラスになりますしね」

次のページ一方、苦しい人もいる

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催