混雑、天候、浴衣……思わぬアクシデント頻発! 花火大会での失敗談

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む


夏といえば花火大会の季節ですよね。きれいな花火を見たり、屋台を楽しんだりと、お楽しみもたくさんありますが、実際に行くとけっこう大変! 屋外だし、困ったことがあっても対処しきれない場合もありますよね。みなさんは花火大会での失敗談はありますか? 読者に聞いてみました。

■見た目は涼しくても……

・「暑くて浴衣を着てきたことを後悔する」(女性/26歳/食品・飲料)

・「おしゃれして行ったけど結局暑くて汗だくになったのでもっと気軽な服装で行けばよかったと後悔」(男性/33歳/小売店)

・「気合を入れて浴衣を着ていったのに、帯が解けてみっともない着こなしになってしまった」(女性/40歳/医療・福祉)

Tシャツに短パン、歩きやすい靴がいいとわかっていても、オシャレしたい乙女心。浴衣での失敗談が目立ちました。

■人が多すぎて……

・「関門花火大会で、大渋滞にはまり、花火の時間に間に合わず、さらに帰るのに8時間かかった」(男性/40歳/学校・教育関連)

・「江の島の花火大会なんかがそうですが、大会が終わってから、駅で電車に乗るまでの時間が、花火大会の時間より長くかかる」(男性/50歳/電機)

行きはよいよい、帰りはこわい。大勢の人がドッと帰ろうとするので、大混雑します。

■もう会えないの?

・「人ごみに紛れて大体迷子になる」(女性/32歳/不動産)

・「遅刻した友達と合流できない」(女性/27歳/人材派遣・人材紹介)

騒がしくて着信音が聞こえなかったり、集合場所を指定したくても、目印がなにもなかったり。一度はぐれたら再会は難しいですよね。

■オシャレに痛いはつきもの?

・「草履で指の間が靴ずれ」(女性/33歳/小売店)

・「下駄を履いたら靴ずれして泣きそうになった」(女性/30歳/機械・精密機器)

痛いんですよね……歩くごとに激痛が走る! バンソウコウやテーピングは必需品です。

1

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催