中古では抵抗があるもの「ネックレス→持ち主の怨念が入ってそう」「参考書→書き込みが嫌」

2015/02/14

社会人ライフ

中古では抵抗があるもの「ネックレス→持ち主の怨念が入ってそう」「参考書→書き込みが嫌」

ネットオークションなどを通じて、中古品を安く手に入れて利用する人も多いのでは? しかし、気になるのが、「前の使用者がどんな風に使用していたのか」ということ。皆さんは、どんな中古品に抵抗があるでしょうか? 社会人に聞いてみました。

▼こちらもチェック!
不用品でもまだまだ使える! 人に譲ってもらった不用品で得したと思ったモノ

■古着はNG!

・服。変な病気をうつされそうと考えただけで体がかゆくなるので(男性/31歳/商社・卸)
・衣服。一人っ子だったので、お下がりの習慣がなく、洋服はいつも新品だったので(男性/48歳/アパレル・繊維)
・洋服。以前は平気だったが、やっぱり何かしら誰かが着た跡が残っていたりして、なんとなく嫌になったから(女性/25歳/医療・福祉)

たとえ洗濯済みでも、古着には抵抗があるという人も。最近では服を低価格で買えるので、あえて欲しいと思わないのかもしれませんね。

■使用状況が気になる家電

・PC関連。どんな使い方をされていたか、わかったもんじゃない(男性/26歳/通信)
・家電製品。壊れたときに保証がなさそうだし、修理代も高くつきそうなので逆に高い買い物になりそう(男性/35歳/情報・IT)
・電化製品。どうやって使っていたのかわからないので、使い方によってはすぐに壊れてしまうし、新品を買いたいです(女性/26歳/団体・公益法人・官公庁)

新品の半額だったら手を出したくなりそうですが、あまりにも早く壊れたらショックが大きい......。修理保証も気になりますね。

■人の汗を感じる......

・フットサル用のインナーって高いけど、さすがに他人の肌にじかに触れて汗を吸いまくったものは抵抗がある(男性/35歳/機械・精密機器)
・ヘルメット。知らないおっさんのエキスが染み込んでいるから(男性/29歳/団体・公益法人・官公庁)
・アンティークのネックレスは、元の持ち主の怨念が入っていて、首を絞められることもあると聞いたことがあり、怖いと思うので購入するのには抵抗がある(女性/33歳/学校・教育関連)

前の使用者の名残を感じさせるようなものは、なんだか気持ちが悪いから使いたくない......。見た目はきれいでもためらってしまうようです。

■車は故障が心配

・車。故障したときの対応が大変そうなイメージなので(男性/43歳/建設・土木)
・車。外見はどれだけきれいに見えても、内部に重大な欠陥がある恐れがあるかもしれないから(男性/21歳/食品・飲料)

車の場合も家電と同じように故障の心配がある人が多いようです。高い買い物だからこそ、失敗したくないですしね。

■中古の定番も不人気

・本。他人が顔を近づけて触っていた物と思うと気持ち悪い(女性/33歳/専門職)
・参考書。書き込みの跡が(消しゴムで消してあっても)あると、イラっとする(女性/27歳/金融・証券)
・本はよほど高い専門書でない限り、新品を持ちたい。数百円程度の本も新品で買えないのかと思うと寂しくなる(男性/27歳/自動車関連)

蛍光ペンでチェックされているのは、古本あるあるですね。パッと見は新品と変わらなくても、ページを開くと汚れていることも。

■新品にこだわりたい

・ゲーム機本体。ボタンの劣化や摩耗がどれくらいかわからないから(男性/23歳/団体・公益法人・官公庁)
・食器。口にしたコップや使った食器など、誰が使ったのか......と思うと何となく嫌だから(女性/31歳/不動産)
・ベビー用品。衛生面が気になるし、子どもには新品をあげたい。ベッドなどのレンタルは良いと思うけれど(女性/30歳/金融・証券)

レストランなどの食器は他人も使っているはずですが、それが嫌とはあまり言われない気がします。状況に応じて人の感じ方も違うようですね。

中古品の魅力とは、「価格の安さ」と「もう市場に出回っていないものが手に入る」ことにあると思います。お得にゲットできてうれしいと思うか、他人が使ったものは気持ち悪いと感じるか......。皆さんはどう思いますか?

文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子

調査時期:2015年1月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:社会人500人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る