2020年06月01日 更新

【リノベなお部屋レポート】“DIY収納”でお部屋を立体的に楽しむ

おしゃれ空間に生まれ変わったリノベーション賃貸物件に住み、理想の暮らしを追求し続ける住人を紹介する新企画。第2回は、第1回で登場いただいたDIYの収納テクが光る、岡部邦行さんです。前回紹介しきれなかった秀逸DIY空間を、とりぐら編集室が徹底レポート! ワンルームを、楽しく美しく暮らせるアイデアが満載ですよ。

一人暮らしの部屋は収納が少なくて大変。でも収納家具を置くスペースはないからと、素敵な暮らしをあきらめないで。インテリアデザインの仕事に携わる岡部邦行さんは、ホームセンターで手に入るパーツを使って機能的でおしゃれな暮らしを満喫しています。さっそくDIY空間をチェック!

こだわって選んだ部屋を、DIYでより自分らしく

建築系の会社で飲食店の内装デザインに携わる岡部邦行さんは、リノベーション物件に入居して2年。できるだけ天然素材にこだわって物件を探し、天井のコンクリートが剥き出しのこの部屋にたどりついたそう。
岡部さん

賃貸物件は合板のフローリングに、塩化ビニール素材の壁紙、プリント合板の建具を用いることが多いのですが、建築関係の仕事柄か仕上げ素材が気になるんですよね。その点、リノベーション賃貸ブランドREISMのこちらのお部屋は、床は建築現場で実際に使われていた足場板を使っていて。また、天井の石膏ボードを取り払うことで天高が高くなっているので、狭いのに広く感じる点もいいなと思いました。

コンクリート打ちっぱなしの天井に、ペンキで白塗装された壁。リノベーションでも人気のスタイルの部屋に住みながらも、より自分らしく暮らすため、積極的にDIYを実践する岡部さん。上手に収納スペースを設けながら、小さなお部屋を立体的に楽しんでいます。

居室とキッチンに壁面収納棚をDIY

居室スペースの壁一面に広がるオープンラック。さすがリノベ物件! と思ったら、じつはこの棚自体がDIYだというから驚きです。無垢材のテーブルは以前、ベンチとして作ったもの。用途を変えていまも活躍しています。

市販の部品を使って、壁一面を収納棚に

この棚に使ったのは、ホームセンターでよく見かける規格サイズの木材と、突っ張り棒の技術を生かしたアジャスター部品。壁や床を傷つけずに柱を立てることができるので、賃貸物件でも壁一面のオープンラック収納を実現することができるんですよ。
この部品は「ディアウォール」や「ラブリコ」などの商品名で販売されているので、興味がある人はチェックしてみて。

キッチンまわりの収納や油汚れ対策もDIYで

キッチンのコンロまわりは油汚れが目立たないように板を立て、さらに棚もプラス。右側のライティングボードは前の部屋から持ってきたもの。ふと視界に入る友人たちのメッセージにほっこり。
こちらはコンロの背面側。キッチン家電を置くため、もともとあった棚にDIYで棚を追加して、頼れる収納エリアに。

“吊るす”テクで、空間も自分らしく!

居室スペースには、コンクリートにもともと埋め込まれている金具を活用して、ハンギングバーを追加しています。こうした“吊るす”テクを取り入れられるのは、この部屋のような、コンクリートむき出しの天井だからこそ。こうした物件を探してみるのも手ですね。
キャップコレクションも、魅せる収納ですっきりと。
グリーンやオブジェを取り入れることで、空間に抜け感が生まれています。素材や形状が異なるフックをあえて取り入れるのもおしゃれ!

まとめ

「この部屋は天高が高いこともあり、少ない面積の中で収納を充実させて、好きな映像や音楽を存分に楽しめる空間になっているなと感じています。これからも素材感やディテールのあるものをとりいれていきたいですね」。ワンルームに想像以上の深みと広がりを与えるDIY。岡部さんの挑戦はまだまだ続きます!

取材協力

■REISM(リズム)

東京都内23区を中心にリノベーション賃貸の運営、不動産投資、ライフプランの提案を行うリノベーション賃貸ブランド。現在、世界の国々をモチーフにした33シリーズのリノベーションを展開中(今回の記事で紹介したお部屋は「iCafe」シリーズ)。また、部屋を“暮らしのベース’'と捉え、東京に住む人々のトータルライフスタイルをサポートするため不動産の枠を超えてイベントやセミナーの開催、カフェの運営など、さまざまな取り組みも行っています。

東京都渋谷区桜丘町13-3
TEL:0800-919-7004
9:00~19:00営業、水曜日定休

公式サイト

公式インスタグラム

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

【REISMお部屋ツアーレポート】ワンルームの収納問題を解決する3つのTIPS

【REISMお部屋ツアーレポート】ワンルームの収納問題を解決する3つのTIPS

リノベーション物件に住む人々は、理想の部屋を実現するための確固たるポリシーがあるはず! その秘密を探ろうと、「REISM」がメディア向けに開催している「お部屋ツアー」に参加し...
とりぐら編集部
2020.05.30
【広さ別・テイスト別】お部屋の実例レイアウトをのぞいてみよう!

【広さ別・テイスト別】お部屋の実例レイアウトをのぞいてみよう!

実際に一人暮らしをしている人のお部屋を、広さ別・テイスト別にまとめました! 理想の部屋作りを実現するために参考にしたい、コーディネート術に収納アイデア、アイテム選びの方法まで...
とりぐら編集部
2020.05.29
インテリアのプロが伝授教える!お部屋づくりの基本3stepとおすすめテイスト

インテリアのプロが伝授教える!お部屋づくりの基本3stepとおすすめテイスト

これから一人暮らしを始める方に向けて、インテリアコーディネーターの目線でお部屋づくりについて解説します。家具の配置から、お部屋の雰囲気を決めるインテリアのテイストやスタイルま...
Ikumi Shiba
2020.02.14
一人暮らしで勉強部屋・スペースをどう作る? 集中できる場所のために考えたいこと

一人暮らしで勉強部屋・スペースをどう作る? 集中できる場所のために考えたいこと

大学生の一人暮らしはワンルームタイプの部屋が多いものです。くつろぐための部屋でもありますが、試験前の勉強やレポート提出など学業に力をいれる勉強部屋としても重要です。おしゃれに...
とりぐら編集部・とり
2019.09.15
狭い部屋はレイアウトを工夫する! 一人暮らしの部屋を広く使うポイントとは

狭い部屋はレイアウトを工夫する! 一人暮らしの部屋を広く使うポイントとは

大学進学をきっかけに初めて一人暮らしをするという人も多いかもしれません。一人暮らしの部屋の間取りといえばワンルームや1Kが一般的ですが、どうしても手狭な印象になってしまいます...
とりぐら編集部・とり
2019.08.29

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた