2022年02月22日 更新

色が気に入らないなら自分で変えちゃえ! 家具の簡単DIY術

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、6畳1Kで暮らす07.roomさん。ホワイトをベースにした空間には、やさしい雰囲気が溢れています。テイストが統一された家具や雑貨ですが、実は少し手を加えることでお部屋のテイストになじませているのだそう。写真を参考に、簡単リメイク方法をご紹介します!

6畳1Kに暮らす07.roomさん。白を基調にしたやわらかで温かな空間で、定期的に模様替えをしながら一人暮らしを楽しんでいます。アイテムひとつずつがお部屋の全体感にマッチしていて、統一感が出ています。
お部屋の雰囲気を壊さないようアイテム選びにこだわっていますが、ときにはぴったりくる理想の商品に出会えないことも。そんなときは、形やデザインが気に入ったアイテムを購入し、リメイクシートなどで自分好みの色や質感のアイテムに変身させてしまうのが07.roomさん流。リメイクしたアイテムをチェックしていきましょう。
07.roomさん

6畳1K

https://www.instagram.com/07.room/
07.roomさん

ナチュラルや北欧風、韓国風だったりと、テーマは1年ペースで少しずつ変わっていますが、″白を多く使う″という点はずっと同じです。常に考えているのが、ドレッサー、ベッド、ソファ、テーブルなどの家具を入れても狭くならない最適なレイアウト。部屋づくりにおいて、配置とそれに合ったアイテム選びには特にこだわっています!

リメイクシートで色を変えたサイドテーブル

色味や質感が気になるというアイテムがあるときに重宝したいのが「リメイクシート」。
DIYが苦手だと、塗る、釘を打つというような作業で気がめいってしまいそうですが、リメイクシートなら難しい工具もいらず「測る・切る・貼る」の3工程だけで簡単にアレンジすることが可能です。07.roomさんも、色味が濃くて気になっていたというサイドテーブルの引き出しを、リメイクシートでカスタマイズしています。
使ったのは、豊富な壁紙やシール壁紙を取り揃える「壁紙屋本舗」で購入した、モノトーンリメイクシートのサンプル品(税込40円)。ドレッサーをリメイクするために色味を確かめたくて購入したモノですが、思いのほかサイズが大きかったためこちらの棚に貼ってみることにしたそう。

ちなみにカラーは、一番白いSTA-4731を使用。ホワイトだけでも6種類あるので、微妙な色味にまでこだわりたいという人にもおすすめです◎
裏面は強力シールになっているから、工具不要で貼り付けられます。より北欧感が増して、シートを貼るだけで印象がガラッと変わるのがわかりますね。

リメイクシート+マルチカバーで高見えソファに

07.roomさんのこだわりは細部にまでわたります。こちらのソファは「イケア」で購入したGLOSTAD(グロスタード)(税込9,990円)。もともと脚は黒色でしたが、お部屋のテイストに合わなかったため、木目調のリメイクシートを貼りナチュラルな雰囲気に変身させました。脚の質感が変わることで、高級感もアップ! 
ソファはグレーとブルーの2色展開でしたが、どちらもお部屋に合わなかったため、購入したブルーのソファの上にホワイトのマルチカバーをかけて雰囲気になじませています。カバーひとつで部屋の印象がガラッと変わるので、ちょっと模様替えを楽しみたいときにマネしてみるのもよさそうですね◎

カラーボックスを活用した手作りドレッサー

ドレッサーは、部屋の配置的に薄くて長いモノが欲しかったけれど、どこを探しても厚みのあるモノばかりで理想通りのモノが見つからなかったそう。それならばと自分で手づくりしたのが、こちらのドレッサーです。
07.roomさん

つくり方は、3段のカラーボックスの上に、ホームセンターで理想の長さに切ってもらった板を乗せるだけ! しばらく利用してから、真ん中にスライドレールでコスメ収納を取り付け、さらに天板にホワイトのリメイクシートを貼りました。

手づくりと言っても工程はとっても簡単。釘を打つなどの工具が必要な作業もありません。木材を切るのは大変だけど、カットしてくれるホームセンターを選べば問題なし! 手づくりだから愛着も湧くし、より快適に使えるようカスタマイズしていくのもおもしろそうですね。

まとめ

一から手づくりは難易度が高いけれど、07.roomさんのように既存のモノにリメイクシートを貼ったり、カバーをかぶせるなど、工夫次第で簡単に理想の家具を手に入れられることがわかりましたね。カラーボックスやホームセンターのサービスを活用すれば、ドレッサーのような大物家具だって作れます。お部屋のサイズ感に合った家具や、雰囲気にマッチしたアイテムは、生活をより快適&楽しくしてくれるはずですよ!
※写真は全て07.roomさんより提供
※掲載の価格、商品スペック等は掲載時の情報です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

部屋を垢抜けさせよう! 差し色や柄物を使ったアクセントの付け方

部屋を垢抜けさせよう! 差し色や柄物を使ったアクセントの付け方

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、6畳1Kで暮らす07.roomさん。ホワイトをベースにしたお部屋は、清潔感があってやさしい雰囲気。全体をホワイトでまとめつつ、随...
とりぐら編集部
2022.02.22
7畳1Kでも楽しみ方は無限大! 9ヵ月間の模様替え実例

7畳1Kでも楽しみ方は無限大! 9ヵ月間の模様替え実例

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、7畳1Kで暮らす__91230さんのお部屋。 ホワイト、ベージュ、ブラウンを基調にした、統一感のある北欧インテリアが魅力です。...
とりぐら編集部
2021.12.16
メイクがますます楽しくなる! メイクコーナーに置きたいアイテム

メイクがますます楽しくなる! メイクコーナーに置きたいアイテム

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、12畳のお部屋で生活するsuu__rmさん。ホワイトとブラウンを基調としたお部屋は、清潔感と落ち着きのある大人な空間。メイクスペ...
とりぐら編集部
2022.04.08
6畳でも家具はしっかり揃えたい! 一人暮らしの家具選びのポイント

6畳でも家具はしっかり揃えたい! 一人暮らしの家具選びのポイント

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、6畳1Kで暮らす07.roomさん。コンパクトなお部屋ながら、テレビやテーブル、ソファやプロジェクターなど、欲しい家具をしっかり...
とりぐら編集部
2022.02.22
家電や家具が収まらない……そんな一人暮らしのキッチンの悩みを解決!

家電や家具が収まらない……そんな一人暮らしのキッチンの悩みを解決!

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、9畳1Kで暮らすdou_roomさん。ホワイトを基調とした、やわらかな雰囲気のお部屋が魅力です。一人暮らしのキッチンはスペースが...
とりぐら編集部
2022.06.28

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ