2019年11月06日 更新

ワンルームでもくつろぎたい!省スペースなソファ選びのポイント3つ

 リラックスタイムを大事にするならソファは必要不可欠な家具の一つです。スペースも予算も限られている一人暮らし、どうやってソファを選ぶと良いの?インテリアコーディネーターが3つのポイントをご紹介します。

ポイント1:1Pソファか2Pソファか

おもてなしが好きな人は2Pソファがおすすめ!

 (28846)

 友達が泊まったり、おもてなしが好きな方は2Pソファがおすすめです。ベッドになるタイプのソファなら友達のお泊まりにも対応できるので、楽しい時間を過ごすことができます。
 またひとりでのリラックスタイムにのびのびと寝転んだりゆったり座ったりしたい方もより広い2Pが良いでしょう。

おうちではくつろぎ重視の人は1Pソファがおすすめ!

 ひとりのリラックスタイムにしっかり座って読書したりTVを観たりしたい方なら1Pソファがぴったりです。2Pソファよりもホールド感があるので、読書やTVに集中することができます。
 他にも、模様替えが好きな方、機能性を求める方にも小回りが利くサイズ感の1Pソファがおすすめです。

クッションソファは?

 (28847)

ゆったり座りたいけどお部屋のスペースが取りづらい方はクッションソファがおすすめです。しっかりとしたフレームのソファに比べ省スペースなので場所を選びません。

ポイント2:ソファの脚の有無

 (28848)

すっきりしたお部屋にしたいなら脚の高いソファがおすすめ

 北欧インテリアが好きな方、すっきりとしたインテリアが好きな方は脚が高めのものを選ぶと清々しい雰囲気をキープできます。
 ルンバをお持ちの方や掃除のしやすさ重視の方も、脚が高いソファの方がストレスなく過ごせることが多いです。

リラックス感が欲しいなら脚がないorロータイプのソファがおすすめ

 とにかくリラックスした雰囲気にしたい方は、断然脚があまりないタイプがおすすめです。
 またお部屋に圧迫感を感じさせたくない方は、ロータイプのものを選ぶとソファの圧迫感を軽減することが多いです。

ポイント3:肘掛け(アームレスト)の有無

 (28849)

ゆったりくつろぐなら肘掛けがあるタイプがおすすめ

 ひとりのときにゆったり座りたい方は肘掛けがあるものを選びましょう。読書や映画鑑賞をしているとき、無意識で肘をついていませんか? 肘掛がある方がリラックスした体制を取りやすいと言われています。

わいわい過ごしたいなら肘掛がないタイプがおすすめ

 みんなを呼んでわいわい過ごしたい方は、座れるスペースを確保するため肘掛けがないタイプがおすすめです。
 肘掛がない分座面が広々としているので、より大人数で座ることができます。

まとめ

 用途や好みが異なれば省くべきポイントが変わるので、実は「省スペース」の意味もそれぞれ変わってくるんです。
 今回は3つのポイントを掛け合わせて見えてきた形がおすすめのソファです。ぜひ素敵なお部屋作りの参考にしてみてくださいね。
Ikumi Shiba インテリアコーディネーター

映画と旅をこよなく愛するKARENのインテリアコーディネーター。Instagram(@karen_interior_official)ではKARENの事例やみなさんのお部屋の素敵ポイントをコーディネーター目線で紹介しています。

https://www.karen-karen.com/
KARENとは
1部屋7980円〜のお手頃価格でインテリアコーディネートをおまかせできるサービス。採用率5%のプロのインテリアコーディネーターとクオリティの高い3Dイメージでひとりひとりの生活に合わせたデザインをご提案。家具の購入予算や提案してほしい家具も思い通りに。
https://www.karen-karen.com/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

自由なレイアウトを楽しもう!〜ちょっと変わったレイアウト紹介

自由なレイアウトを楽しもう!〜ちょっと変わったレイアウト紹介

 お部屋にはそれぞれ最適な配置があるものです。しかしせっかくの一人暮らし、自分だけの過ごし方に合わせた自由なレイアウトを楽しんでみてはいかがでしょうか?今回はKARENの事例...
Ikumi Shiba
2019.10.23
一人暮らしで勉強部屋・スペースをどう作る? 集中できる場所のために考えたいこと

一人暮らしで勉強部屋・スペースをどう作る? 集中できる場所のために考えたいこと

大学生の一人暮らしはワンルームタイプの部屋が多いものです。くつろぐための部屋でもありますが、試験前の勉強やレポート提出など学業に力をいれる勉強部屋としても重要です。おしゃれに...
とりぐら編集部・とり
2019.09.15
狭い部屋はレイアウトを工夫する! 一人暮らしの部屋を広く使うポイントとは

狭い部屋はレイアウトを工夫する! 一人暮らしの部屋を広く使うポイントとは

大学進学をきっかけに初めて一人暮らしをするという人も多いかもしれません。一人暮らしの部屋の間取りといえばワンルームや1Kが一般的ですが、どうしても手狭な印象になってしまいます...
とりぐら編集部・とり
2019.08.29
「白いお部屋」に住みたい! おしゃれなホワイトインテリアコーデのコツ

「白いお部屋」に住みたい! おしゃれなホワイトインテリアコーデのコツ

「白いお部屋」は女子の永遠の憧れ♪ 白を基調としたインテリアは、お部屋が明るく広く見えて、どんなカラーにも合うから幅広いコーディネートが楽しめる、人気のスタイルです。今回は、...
とりぐら編集部・ぐら
2019.06.10
流行りの「リゾートインテリア」実例! 一人暮らしの部屋をハワイ・西海岸・バリ風に

流行りの「リゾートインテリア」実例! 一人暮らしの部屋をハワイ・西海岸・バリ風に

最近人気のお部屋のテイストといえば、「ハワイ」や「西海岸」「バリ」といった南国のリゾートスタイル。心地よい風や海を思わせるインテリアでお部屋を飾れば、手軽にリゾート空間を演出...
とりぐら編集部・ぐら
2019.06.05

この記事のキーワード

この記事のライター

Ikumi Shiba Ikumi Shiba