【Q&A】早稲田の校歌の最初に出てくる「都の西北」ってどういう意味ですか?

学生の窓口編集部
2015/06/04
入学準備・新生活
あとで読む

【Q&A】早稲田の校歌の最初に出てくる「都の西北」ってどういう意味ですか?

<質問>
早稲田の校歌の最初に出てくる「都の西北」ってどういう意味ですか?(早稲田大学文化構想学部・大地)

<回答>
早稲田は、大学創立時、東京市にありました。みやことは、日本の都という意味です。早稲田は、当時の東京市の西北にありました。(早稲田大学政治経済学部・ぷりん)

関連記事

関連キーワード

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催