『思いを馳せる』昔の人は、夏に、何を感じていたのだろう。 「去年より暑い」......|エッセイ企画「#Z世代の目線から」

編集部:ベッシー

お気に入り!

あとで読む

560文字/2分かからないくらいで読み終わります。

昔の人は、夏に、何を感じていたのだろう。

「去年より暑い」「例年より猛暑日が増える」とテレビは言う。
「去年より電気代が高い」「アイスを食べる量が増える」と人は言う。

暑さでやられちまっている。昨日今日、明日のことくらいしか考えられない。

「温暖化の危機迫る」とは口先だけ。何か行動を起こす人の少ないこと。
クーラーは際限なく使う。温暖化に繋がるから節電を。いや「今が暑いので無理です」。
やけに正直じゃないか。


帰宅して、クーラーで涼みながら食べたアイスの味。夏の思い出になる。
ニュースはやれ酷暑だ、水遊びをして涼む子どもらだ。毎年のお決まりだ。
家の食事で素麺はもう飽きたと叫ぶ。やだ一昨日食べたから昨日はざるそばにしたじゃないの。
いつから山葵をつけ汁に溶かして食べるようになったか。


昔の人は夏に何を楽しむ。花火、海水浴、スイカ。うちわと蚊取り線香の風景に添えられたものは何か。思いを馳せる。

「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」。蝉は泣く。「鳴いて煩い」と言われるから。

「菜の花や 月は東に 日は西に」とはよく言ったものだ。日差しを詠みこむ心の余裕。

七夕なんて催しも楽しめそうだ。ああ、あれは秋のもの。

昔の夏に思いを馳せる。昔の人の趣に心を寄せる。




私のアイスは溶けている。


著者:なこ さん
学校・学年:慶應義塾大学 3年
Instagram:@neko_neko_starbucks
著者コメント:あっという間に9月ですね。皆さんはアイスを美味しいうちに味わいきれましたか?

エッセイに共感したらシェアしよう!

「#Z学生の目線から」7月期エッセイコンテストの結果と総評はこちら

==============

あなたもエッセイを書いてみませんか?夏のコンテスト実施中

編集部:ベッシー

編集部:ベッシー

昔ながらの大学生活でイメージされるような大学生活を謳歌し、就職活動はちゃんとやらず、社会人のスタートではつまづき、いろんな会社を転職しながらキャリアビルド。学生や若い人のチャレンジを応援したい、頑張れる場を提供したいという想いを持って編集部で活動中。伝えたいメッセージは「自分で考え、自分で動き、人にはどんどん頼りましょう」

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催