自転車保険「TSマーク付帯保険」は点検・整備に加えて保険付きで安心

編集部:ぱいん
2020/10/29
大学生活Q&A
あとで読む

自転車に普段から乗るという方が加入すると良い自転車保険ですが、大きな事故に備えておきたい方には「TSマーク付帯保険」という種類の自転車保険がおすすめです。近年は自転車が関係する事故で、高額の賠償請求をされるケースが増えていて、万が一に備えてTSマークは大きな意味を持ちます。今回はそんなTSマーク付帯保険について詳しく解説します。(監修協力:FP 鈴木幸子)

自転車保険「TSマーク付帯保険」は点検・整備に加えて保険付きで安心

TSマークについて

TSマークとは、自転車安全整備士によって点検整備がされ、安全な自転車であることの証明としてつけられるマークのことで、「TSマーク付帯保険」という種類の保険に加入すると得られます。
TSマークとは「Traffic Safety(交通安全)」という意味があり、賠償内容は青色マーク(第一種)か赤色マーク(第二種)かによって異なります。

TSマークには点検年月日と自転車安全整備士番号などが記載されており、青色マーク、赤色マークともにアルファベットのTSがデザインされています。

補償内容について

保険の対象者はTSマークが貼られている自転車に乗っている人物となり、保険有効期間中の乗車の事故の場合に保険が適用されます。自転車の所有者だけでなく、家族が対象の自転車を使用していた場合でも保険の適用を受けることが可能となっています。

保険の有効期間はTSマークに記載されている日から1年間となっており、補償内容は主に賠償責任補償と傷害補償となります。
赤色のTSマークに関しては、被害者見舞金も補償内容に含まれており、第三者に怪我を負わせてしまった場合で15日以上の入院が必要となるケースでは一律10万円が支払われます。事故を起こした場合に支払われる保険金は、青色マークよりも赤色マークの方が大きいという特徴があります。

加入手続きについて

TSマーク付帯保険の加入手続きは、自転車安全整備店で行うことができます。自転車安全整備店で自転車の点検整備を有料で受けると、TSマークを貼ってもらうことができ、同時に保険が付帯されます。自転車安全整備店から渡される「TSマーク付帯保険加入書」は、1年間失くさずに保管するようにしましょう。

保険適用期間終了後は、再度点検整備を受ければ更新手続きを行うことができます。TSマークは1店舗につき青色・赤色のどちらか一種類の取り扱いとなるため、種類に希望がある場合はあらかじめ取り扱い店を調べてから自転車の整備点検を行いましょう。

まとめ

TSマーク付帯保険の自転車保険は、自転車安全整備士によって自転車の整備点検を受けることで加入することができます。TSマークを貼ることで、自転車搭乗中の事故に備えることが可能です。気になる方は最寄りの自転車安全整備店に問い合わせてみましょう。

(学生の窓口編集部)


監修協力:鈴木幸子

2010年よりFP活動を始め、子育てファミリーの家計相談、住宅購入相談を実施。フジテレビ「Live News it!」でコメンテーターを務めるなど、地元金融機関、住宅メーカーでの講演実績を持つ。保有資格AFP・証券外務員2種・相続診断士。

https://www.gyl-h.com/

編集部:ぱいん

書くことよりも調べることが好きな知的好奇心高め男子。編集部内でNHK担当と呼ばれています。休日はアウトドアか引きこもりのどっちか。

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「その他」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催