【Hondaの先輩社員】日本本部 営業企画部 商品ブランド課:井筒也絵さん 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

時代編常にアンテナを張ることで時代の流れを読み解く力が身につく

井筒さんの「ガクチカ(学生時代一番力を入れたこと)」は


学生時代の井筒さん

↑アメリカ留学をきっかけにカメラの虜となった井筒さん

学生時代は留学生や帰国子女が多い学部だったこともあり、異文化を学び、日本の文化を発信することに力を入れていました。カナダへの短期留学やアメリカへの留学では、言語だけでなく日本の食文化を通じて海外の方とコミュニケーションをとることも。もちろんこの海外留学で語学力や自己表現力を磨けたことは大きな財産になりましたが、それ以上にダイバーシティの大切さを経験できたことが大きな収穫だったと思います。

仕事で役立っている大学時代の経験は?


海外留学もそうですが、ケーキ屋でのアルバイトや聴覚障害者のためのボランティアを通して多くの人たちとコミュニケーションを取ったことが今に生きていると思います。「相手の意見を正確にくみ取ること」や「相手の立場になって物事を考え行動すること」は、どの職種でも必要なこと。元々わたしは人と会話するのが好きでしたが、自分の考えることと相手の要望を擦り合わせる調整力をここで身につけることができたと思います。

就活前にやっておいたほうがいいことは


「日頃からトレンドに敏感になること」は大切だと思いますね。自分が希望する業種だけでなく、ファッションや音楽、政治といったすべてのジャンルを勉強しておくことで、広い視野で物事を見られるようになります。あとは「楽しいと思えること」にはすべて挑戦したほうがいいと思います。社会人になると自分の時間が限られてくるので、行動の幅が狭くなりがち。学生のうちから行動力をつけておくことで、社会人になっても無理難題に立ち向かえる忍耐力がつくと思います。

井筒さんインタビュー2

学生時代、留学やアルバイトを通して学んだコミュニケーション力で、大勢の人と一から先の見えない長期プロジェクトに挑み続ける井筒さん。「入社してからオンオフ問わず、ついつい車をチェックしてしまう」というほど車一筋になったそう。うちに秘めた強さとコミュニケーション能力の高さは周囲を魅了し、チームを一丸とさせます。そんな井筒さんたちが作り出す、世界に誇れる車に今後も注目です。

DATA

趣味:旅行、御朱印巡り、家庭菜園、ゴルフ
特技:書道
就活で受けた企業数:6社
志望していた業界:メーカー
今の会社の魅力:年齢や役職に関係なく、真剣に意見が言い合えるところ

文:富岡涼平(M-3)
写真:宇田川大輔(M-3)
取材協力:本田技研工業株式会社

2

関連記事

「先輩ロールモデル」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催