【ぴあ株式会社の先輩社員】アリーナ・スタジアムソリューション推進局 チケッティングソリューショングループ:大磯泰裕さん 2ページ目

学生の窓口編集部
2017/08/17
キャリア
あとで読む
学生時代編スポーツの現場を知れた学生時代

大礒さんの「ガクチカ(学生時代一番力を入れたこと)」は?


学生時代の大礒さん

                     ▲学生時代の大礒さん

高校卒業まで続けた「サッカー」は、学生時代を振り返って一番頑張ったことです。ただ大学に入学してからは将来スポーツ業界で働きたいと思っていたこともあり、プレーヤーとしてではなく、「スポーツビジネス」についての勉強に専念していました。座学だけでなく、スポーツ現場でのインターンをさせてもらったり、スポーツ現場で働くということを学生のうちに学べたことは大きな経験になりました。

そのときの経験や知識がすべて今の仕事に生かせているかというと、そうではないのですが、現場を知っているのといないのでは何かを提案する際にも大きく違いますし、振り返れば非常にいい経験だったと思っています。

仕事で役立っている大学時代の経験は?


大学時代に野球チームの「カスタマーセンター」でアルバイトをしていました。仕事の内容はお客様の問い合わせの対応がメインだったのですが、お客様と直接やり取りをしていろんな意見を聞くことができました。お客様のリアルな声はやはり現場に出ないとわからないものが多く、そのときの経験は今の仕事にも生かせています。

就活前にやっておいたほうがいいことは?


インタビュー2


まずは「将来何をやりたいか」を真剣に考えてから行動するのがいいと思います。私自身の体験になってしまいますが、例えばスポーツに携わる仕事がしたいという意志があって、それに対してどのような仕事があるのかをあらゆる視点で探す。そこで出てきたスポーツメーカーやぴあのような企業に対し、次はその目標に向かって何をすればいいのかを導き出せば、次にやるべきことが見えてきます。それをひとつひとつクリアしていくことで、おのずと自分の就きたい企業に近づいていけるのでは、と思いますね。

「スポーツ業界で働きたい」という目標をかかげ、それに向かってひたすらに努力する学生時代を送った大磯さん。現在「チケット販売」という仕事を通し、スポーツに関わることができているのは、その努力の結果といえるでしょう。就活を迎えるにあたり、「何をすればいいかわからない」という人もいますが、大磯さんのように、「何をやりたいか」から目標を導き出すのもいいかもしれませんね。

DATA

趣味:サッカー・映画鑑賞
特技:なし
就活で受けた企業数:30-40社
志望していた業界:スポーツ業界
今の会社の魅力:スポーツ業界の発展に貢献できるチャンスがあること

文:中田ボンベ@dcp
写真:佐藤登志雄
取材協力:ぴあ株式会社

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「先輩ロールモデル」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催