「プレゼンって苦手……」そんな大学生のための緊張せずに話せるコツ3選

学生の窓口編集部
2015/04/27
生き方を知る
あとで読む

「プレゼンって苦手……」そんな大学生のための緊張せずに話せるコツ3選

大学生になり、人前でプレゼンをする機会が増えたという学生は少なくないと思います。しかし人前でプレゼンをする機会に慣れないうちは、どうしても緊張してしまいますよね。今回は緊張しがちな学生のために、緊張せずに話すための3つのコツを紹介します。


1.練習は大前提
まず緊張しないためには、練習をすることは大前提です。練習してスピーチを自分のものにすることで、本番では台本を読むことや上手く話すことではなく「伝える」ことに集中することができます。話すことよりもその場にいる人達に伝わることを意識することで、緊張せずに自然体で話ができるようになるはずです。

「プレゼンの練習をしていて、暗記まではいかなくとも、自分の言うことに自信を持ってさえいれば緊張せずに話せます。台本があるとその通りにしないといけないプレッシャーがあって、余計に緊張してしまいますね」(早稲田大学・2年女性)
「人前で話すことではなくて、話すことを忘れてしまうことに不安を感じて心配をしてしまうのでしょう。だからこそ万全の準備をすることが緊張解消につながると思います」(青山学院大学・3年女性)

プレゼンの準備をしっかりすることで、失敗の不安以上に伝えることに集中することができ緊張を和らげることができそうです。何事も準備は怠ってはいけないということですね。


2.会話をする意識で話す
また、練習をした上で大切にしたいことは、聞いてくれている人たち個人個人と会話をする意識で話すということです。1人対大勢という構図を想像するから緊張するので、それを一対一の構図に想像しなおしてみてください。

「一人一人の顔を見て、一人一人と会話をするようにプレゼンをしたら緊張しなくなりました。問いかけたり、1人を説得したりする感覚ですね」(立教大学・3年男性)
「話すことはある程度決まっていて、その上で会話をするように話したら緊張しなくなりました。自分を大きく見せすぎないことが大切ですね」(青山学院大学・4年男性)

自分の素の姿や等身大の姿でスピーチをしましょう。プレゼンという場だからといって、大きく見せる必要はありません。友達と話している感覚になれば緊張せずに話せるはずです。

関連記事

関連キーワード

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催