「プレゼンって苦手……」そんな大学生のための緊張せずに話せるコツ3選 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

3.場数を踏んで経験を積む
一番大切なことは場数を踏むことです。緊張をするからといってプレゼンの場を避けていたら、いざというときにも緊張をしてしまい、チャンスを逃すことになるかもしれません。緊張をすること、人前で話すことに慣れてしまいましょう。

「プレゼンをする機会が1年のときに多かったので、緊張はしなくなりました。もちろんそれでも準備はしっかりと行います」(早稲田大学・3年男性)
「一度200人の前で話す機会があって、それからは30人、50人規模の前で話すことはなんの抵抗もなくなりました。経験は大切ですね」(慶應義塾大学・3年男性)

誰もが始めは緊張しますが、そういった場に慣れることで段々と緊張は減っていきます。大人数の前で話す経験を今のうちに少しでも多く積んでおくと、将来に緊張する機会が減らせそうですね。


誰でも最初は慣れずに緊張してしまうプレゼンですが、それは場数を踏むこと、準備を念入りにすることで回避することができるようになります。ぜひ、抵抗感だけで緊張をしないように、冷静に緊張を回避できるようにしていきましょう。

(早稲田大学政治経済学部3年 外山)
2

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催