女子大生に聞いた、恋愛を経て大人になったこと6つ「ドラマと現実は違うと気づいた」

編集部:はまみ
2016/03/30
恋愛
あとで読む

大人になるっていろいろな経験や段階がありますが、若いころはいろいろな恋愛を経験することで大人になったと感じることも多いでしょう。今回は女子大生の皆さんに、恋愛経験を通して大人になったと感じたことについて聞いてみました。

■恋愛の経験を経て大人になったと思うことを教えてください

●相手の気持ちを考えられるようになった

・自分のことばかりぶつけるのではなく、相手の気持ちを前より考えられるようになった(21歳/大学3年生)
・相手を思いやれる気持ちが増したと思う(18歳/短大・専門生)
・相手の気持ちを汲み取れるようになったと思う(20歳/大学2年生)
・自分のことしか考えていないときがあったが、相手と一緒にいるためにどうしたら喜んでもらえるかなどを考えられるようになった(20歳/大学2年生)

●冷静になること

・いつも相手のことばかり考えてしまわずに、夢中になり過ぎなくなった(22歳/大学4年生)
・余裕が生まれたと思う(22歳/大学4年生)
・冷静になってしっかり中身を見られるようになった(23歳/大学院生)
・相手のことをいろいろな視点で冷静に判断できるようになった(21歳/大学3年生)

●理想を高く持ちすぎない

・夢を見過ぎないようになった(22歳/大学4年生)
・理想にこだわり過ぎないように考えられるようになった(18歳/短大・専門生)
・必ず欠点や気に入らないところがあり、そのほうが付き合っていて楽しいと思えるようになった(18歳/大学1年生)
・ドラマやマンガの世界の男子とは現実は違うことが理解できた(19歳/大学1年生)

●客観的に見るようになった

・周りからの意見も考慮に入れて行動できるようになった(20歳/大学2年生)
・一歩引いて自分を見ることでいい結果になることがわかった(20歳/短大・専門生)
・上手く行かない理由がわからなかったのに、客観的に見たらそれがわかるようになった(21歳/大学4年生)
・相手があり、周りもいるということがわかって大人になったと思う(22歳/大学4年生)

●我慢が必要だとわかった

・相手のことを考えられるようになって我慢強くなった(18歳/短大・専門生)
・わがままばかりで相手を困らせていたことに気付いて、やっと大人になったと思う(22歳/大学4年生)
・我慢の必要性を身にしみて感じた(19歳/大学1年生)
・感情を制御できないような怒りなども、今では抑えられるようになった(22歳/大学4年生)

●その他

・恋と友情を勘違いしなくなった。一緒にいて楽しい人と落ち着く人は違うんだなと(18歳/大学1年生)
・束縛しすぎは良くない。いいことは全くないとわかった(20歳/大学2年生)
・自分の生活を犠牲にするような恋愛ではなくお互い協力し合える恋愛がいい(26歳/大学院生)
・別れを経験して、永遠なんてないと思えるようになった(19歳/大学1年生)

理想と現実のギャップを、実際に恋愛を経験してみてやっとわかるようになったという意見がたくさん寄せられました。

いかがでしたか? 大人になるということはいろいろなポイントがあると思いますが、恋愛からわかることも非常に多いものですね。皆さんもたくさん恋愛をして、その経験をまた次の恋愛や人生の色々なことに役立てていってください。

文●ロックスター

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2016年3月 
調査人数:女子大生404人

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催