ハイコンテクストとローコンテクストからわかる? 恋人と円満になつ秘訣

学生の窓口編集部
2016/01/26
恋愛
あとで読む

片想いの人はもちろん、カップルでも相手の性格が気になる人は多いのではないでしょうか。その人の性格によって、自分がどんな行動をするべきか悩むこともあります。ここではそんな恋人の性格で使われることのある「コンテクスト」という言葉と性格のお話をしていきます。


■「コンテクスト」の意味合いは?

「コンテクスト」とは文脈などを意味する言葉です。また言語学においてはコミュニケーションの成立に必要となる共有情報や好み、価値観などを指します。そしてこのような説明をする概念としてアメリカの文化人類学者のエドワード.T.ホールと言う人が唱えた「ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化」という識別方法があります。これは人の性格にも当てはめることが出来て、人の気持ちをコンテクストと考えられます。

■「ハイコンテクスト」や「ローコンテクスト」はどんな性格?

「ハイコンテクスト」の人は言葉が少なめで直接的な表現をしないため、状況を察したり空気を読んで、気を回すことをすることが多いです。デメリットとしては思い込みが激しいとも言えることでしょうか。対して「ローコンテクスト」の人はシンプルな表現が多く、自分から話そうとします。そのため細かいことはあまり気にせず、寛容な人が多いです。デメリットとしては疑問には1から全部説明が必要だったり、理屈っぽいことでしょうか。

■カップルとしての組み合わせは?

ローコンテクストやハイコンテクスト同士でカップルになることはあまり多くないようです。ハイ同士だと細かい事に気が付きすぎてケンカをすることが多いようです。またロー同士でも説明に時間がかかったりして疲れることが多く、ほおっておくと離れてしまったりすることが多いようです。そのためロー×ハイな組み合わせが多いです。

■相手がハイコンテクストの場合はどうする?

相手がハイコンテクストの人の場合、相手は自分に対して気を使うことが多いです。そのため自分が知らないうちに相手が無理をしていることもあるかもしれません。無理をしすぎると相手がだめになってしまうので時々でいいので気づかってあげるといいですね。また相手を放置しちゃうと変に気を利かせて「嫌われたかも」と思い込むこともあるので注意してください。

■相手がローコンテクストの場合はどうする?

相手がローコンテクストの人の場合、自分は相手に直接気持ちを伝える必要があります。よく言われる「恋の駆け引き」をしても相手に伝わらないことが多いからです。めんどくさいと思う人もいるかもしれませんが、してほしいことなどをちゃんとストレートに伝えてあげるといいのではないでしょうか。ハイコンテクストの人よりもこまめに相手をしなくても大丈夫ですが、だからといって放置しすぎていいというものではないので気を付けます。

どうでしたか? 相手の性格を考えるのもいいですが、自分がハイなのかローなのかも知る事が必要です。それをわかった上で今回ご紹介したことを考えて相手の性格を知ってあげることで、2人の関係を長続きさせることが出来るのではないでしょうか。

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催