気になる男性に「かわいい」と思わせるLINEメッセージのコツ3選

編集部:はまみ
2016/07/13
恋愛
あとで読む

好きな人ができたら、少しずつでも連絡を取って距離を縮めたいと思うものですよね。そんなときに有効なのがLINEのやりとりですが、LINEを使って異性を虜にできる女性もなかには存在します。LINEで異性をキュンとさせるテクニックは多く存在しますが、あまり積極的にならないことがポイント。今回は上手なLINEでの駆け引きのコツをお伝えします。

■好意を小出しに!

意中の相手がいたとして、LINEのIDを聞くことができたら、さっそくメッセージを送ってみたくなりますよね。また、好意を抑えきれないとガンガン連絡をしたいと思いますが、実はそれはあまりよくないLINEの送り方です。たしかに、積極的な女性が好きな男性も存在するでしょうが、あまりにも連絡をしすぎるとしつこい人と言う印象付けになってしまうために要注意。かわいさを印象づけたいなら、好意は少し控えめの小出し程度にするとよいでしょう。

男性の本能には、どこかか弱い人を守ってあげたいという意識が眠っていますから、相手より少し弱い立場を演じるのです。好意を出すといってもストレートに「好き」とは言わず、「すてき」「かっこいい」「さすが」といったワードを使うとよいでしょう。これなら、ストレートに好きと伝えることなく、相手に自分が好きだということをさりげなく伝えることができるのです。普通に言葉でほめる場合より、LINEだと文字に残りますからドキドキが倍増します。

■用がないけどLINEを送ってみる

気になる相手のLINEアドレスを聞いて、徐々に距離を縮めていくと、毎日LINEをすることになるかもしれません。好きな相手ですから要件がなくてもメッセージを送ってみたくなるのが本能ですよね。そんなとき、送る内容はなんでもいいのですが、「ふとLINEをしたくなったから送ってみた」という一言を添えるだけでだいぶ変わってきます。

要件がないのにメッセージを送るというのは、内容はなんでもいいから相手に連絡を取りたかった、という気持ちを伝えることになります。自分はいつも相手を思っていると伝えることができますし、もしかすると自分に好意があるのではないかと思わせることも可能です。ただストレートに「好き」と伝えるよりも、この駆け引きにドキドキしてしまい、好印象を与えられるでしょう。こういったやり取りが何日も続けば、相手から告白されるのも夢ではありませんね。

■返事を求めない

相手から好印象な返信が来はじめたら、積極的にLINEを続けるチャンスです。最初の頃に比べると、当然やりとりの回数も増えているでしょうから、更にたくさんLINEを送りたくなってしまいますよね。しかし、ここで気をつけておきたいのが返事を求めないということです。返事を求めてしまうと、ついつい積極的になりすぎてしまいます。そこをグッとこらえて控えめな女性を印象づけることによって、相手から返事をしてくれるのを待つのです。返事が返ってきたら当然うれしいですし、待った分の喜びがあるはず。また、返事が返ってきたからといってすぐに返信することはやめましょう。

相手も自分の返事を待っていることになりますから、あえて一時間後に返信するのもテクニックです。楽しみにLINEを待って、ついに返事が来たときにはそれだけの喜びを相手も感じてくれるはずです。


関連記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催