その子大丈夫? 彼女にするべきではない残念女子の見分け方3パターン

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

ちょっといいなと思う女性を見つけたからといって気軽に彼女にしたいなどと考えてはいけません。もしかしたらその女性は彼女にすると苦労するタイプかもしれませんから、行動パターンに注意して本当に彼女にして大丈夫なのかを見極めましょう。今回は、彼女にするべきではない女子の見分け方3パターンを紹介します。

■同性の友達がいない
女性というのは男性に比べて友達のきずなを大事にする傾向が強く、たいていの場合は仲良くしている同性の友達が数人いるものです。友達がたくさんいればいいというものでもありませんが、まったく友達がいないという女性には注意が必要です。女性にとって友達とは大切なコミュニティーであるだけでなく集団の中でうまくやっていくための大切なツールでもあります。友達が全くいないというのは周囲に迷惑をかけたりトラブルメーカーだったりする疑いがあります。

最も友達がいないからといって必ずしも問題があるとは限りません。女性の中にも群れるのが嫌いなタイプ孤独を愛するタイプも少なからずいますから、パターンに当てはまるからといって即NGと判断するべきではないでしょう。要注意なのは明るく元気で社交性が高そうに見えるのに同性の友達がいないパターンです。このタイプの女性は何か同棲に嫌われるようなことをしでかした過去を持っている可能性が高く、彼女になったらどんな目にあわされるかわかりません。第一印象がよかったとしても、印象がよいのに同性の友達の影が見えないときには注意が必要です。

■価値観を押し付けてくる

付き合う相手と価値観が同じである必要はありません。ただし、自分の価値観を押し付けてくるような女性には注意が必要です。価値観を押し付けてくるタイプの彼女は、悪気のない行動で彼氏に迷惑をかけてきます。気に入らないからといって彼氏の私物を黙って処分したり、何の断りもなく携帯をのぞいたりしてきます。彼女にとってみれば自分自身の正義に基づいた行動なので悪びれることもなく、やったことをとがめられても私の何が悪いの!と逆切れしてきます。意見が対立した時絶対に折れない、自分の主張に納得するまで同じことを言い続けるといったような行動パターンが見える女性には要注意です。スキを見せたが最後、彼氏を自分の価値観で染めようと一気に攻め込んできますから付き合わないのが賢明です。

■片付けができない

片付けができない女性というのは何事においてもだらしなく、計画的に行動するのが苦手です。ちょっと散らかすくらいなら可愛いものですが、面倒くさいからといってゴミ出しをさぼるようになっているような女性は要警戒です。

彼氏彼女の関係になったのに自室に入れてくれないというのは、片付けられない彼女の典型的な行動パターンです。片付けられない女性が必ずしもみすぼらしい格好をしているということはなく、むしろ服装にはお金をかけていてパッと見はきれいな格好をしていてとても散らかった部屋に住んでいるとは思えないことの方が多いのです。巧妙に隠していても、片付けられない性分というのは行動の端々に現れるものです。外食をしたときにごみをひとまとめにしない、モノを乱雑に扱うなどといった行動パターンを取る彼女には片付けられない女性である疑いが濃厚です。

女性は好意を抱く相手には巧妙に本性を隠すものですが、ちょっとした行動パターンから隠された部分を見抜くことは可能です。下手に手を出してしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。良い部分ばかり見るのではなく、細かい行動パターンにも注意してください。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催