14Tポイントが貯まる、使える!詳しくはコチラ

一般ウケもいい! アニメ好き以外が見ても面白いおすすめアニメ20選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りに登録

一般ウケもいい! アニメ好き以外が見ても面白いおすすめアニメ20選


突然ですが、あなたはアニメが好きですか? なかには、子どもっぽいからと見ていない人もいるのではないでしょうか。もし食わず嫌いで見ていないのだったら、絶対もったいないです! 国内外問わず、近年のアニメの作品には、実写SF映画顔負けの壮大な世界観を持つ作品や、有名な文学作品を原作とした見応えのあるストーリーの作品など、大人だからこそ楽しめるものもたくさんあるんです。今回は、そんな見応えある『アニメ好き以外が見ても面白いアニメ20選』をご紹介します。

1.巌窟王

原作はフランスの文豪、アレクサンドル・デュマ・ペールが1844年から新聞連載した大河ロマン小説『モンテ・クリスト伯』。ナポレオン時代のフランスを舞台に、仲間の裏切りにあった若い航海士が大富豪になり壮絶な復讐を遂げるというストーリーで、アメリカのSF作家アルフレッド・ベスターの『虎よ、虎よ!』という有名小説のモチーフになったともいわれています。

これまでにも復讐を誓う男の一代記として、舞台や映画などでリメイクされている作品ですが、このアニメでは復讐の犠牲となる少年が主人公。また、時代設定は未来のパリに変更されており、宇宙船や宇宙戦艦、「鎧」と呼ばれる人型ロボット兵器などが登場するSF要素も追加されています。

フランス文学の名作を下地とした濃厚なストーリーはもちろんですが、独創的な映像表現も魅力のひとつ。テクスチャを多用し、実写では表現することのできない華々しい画面構成で、フランス貴族の世界を描き出しています。

≪作品概要≫
原作:アレクサンドル・デュマ著「モンテ・クリスト伯」
監督:前田真宏
シリーズ構成:神山修一
キャラクターデザイン:松原秀典
音楽:ジャン=ジャック・バーネル
笠松広司 & 北里玲二(teng)
アニメーション制作:GONZO
製作:MEDIA FACTORY、GDH
放送局:テレビ朝日
放送期間:2004年10月5日~2005年3月29日

2.東京マグニチュード8.0

膨大な取材データと関係者のインタビューをもとに、巨大地震がもたらす被害の深刻さを描いたアニメ。ストーリーは、女子中学生の小野沢未来(おのざわ・みらい)と小学生の弟・悠貴(ゆうき)が、東京都お台場のロボット展に遊びに行った際、マグニチュード8.0の海溝型大地震に見舞われ、周囲の力を借りながら世田谷区にある自宅へと帰還するというもの。

災害に伴う周囲の人間との衝突、ショッキングな現実などを通じて主人公の成長を描いたヒューマンドラマでありながら、地震によって発生する建物の倒壊や火災をはじめとするさまざまなトラブルを疑似体験できます。アニメとしてのエンターテイメント性を十分に持っており、作品を楽しみながら地震について学ぶことができそう。

防災、危機管理的な内容も盛り込まれており、防災に関するシンポジウムなどで総集編の上映が行われたことも。2010年にはTVシリーズに脚色を加えた小説が発売されました。

≪作品概要≫
監督:橘正紀
シリーズ構成:高橋ナツコ
キャラクターデザイン:野崎あつこ
音楽:大谷幸
アニメーション制作:ボンズ、キネマシトラス
製作:東京マグニチュード8.0製作委員会
放送局:フジテレビ
放送期間:2009年7月9日~9月17日

3.へうげもの

舞台は、戦乱により時代が大きく動く一方で、多種多様な文化、芸術が花開いた戦国時代。茶の湯の世界に心を奪われてしまった武将・古田左介(別名:古田織部(ふるた・おりべ))は、物欲と出世欲の狭間で葛藤していた。

いかに生きるべきか悩む左介は、やがて美を愛する "数奇者" として天下を取ることを決意し、"へうげもの" (「ふざける、おどける」を意味する「へうげる」に由来する言葉)への道をひた走る……。

戦国時代を舞台としながら織田信長や豊臣秀吉といった有名武将ではなく、現在にも受け継がれる焼き物の、織部焼の創始に関わったと言われる古田左介を主人公に据えたコメディータッチの作品。茶の湯だけでなく建築、造園などにも携わり、不均衡さのなかに美を見出す、織部好みと呼ばれる一大流行を生み出した人物です。

緻密な時代考証に基づいており、そのほかの戦国武将や当時の時代情勢も登場。当時の芸術やそれを愛する人々の生き様を軸に、一風変わった歴史観が楽しめます。

≪作品概要≫
原作:山田芳裕(10話まで)
監督:真下耕一
シリーズ構成:川崎ヒロユキ
脚本:川崎ヒロユキ
キャラクターデザイン:津幡佳明、山下喜光
音楽:大谷幸、cro-magnon
アニメーション制作:ビィートレイン
製作:NHK
放送局:NHK BSプレミアム
放送期間:2011年4月7日~2012年1月26日

4.狼と香辛料

主人公であるクラフト・ロレンスは馬車で各地を巡り、さまざまな商品の取引を行う20代半ばの行商人。ある時、白いしっぽと獣耳を持つ美少女ホロが馬車の荷台に潜り込んでいることに気付いた。

彼女は"麦の豊作を司る狼神"を名乗り、クラフトは疑いの目を向けていたが、一緒に彼女の故郷ヨイツへと向かうこととなる…。

ファンタジーといえば、剣と魔法を使いこなす勇者一行が大魔王をやっつけるというのが定番のストーリーですが、これは中世ヨーロッパによく似た架空世界の経済活動を描いた、ちょっと変わった作品。戦闘、アクションシーンはあまりなく、経済によって起こる争いを題材にしています。

「リュミオーネ金貨」「トレニー銀貨」「エニー銅貨」など数多くの貨幣が登場し、貨幣価値の変動を取り上げるシーンも。原作となったライトノベルは、経済の初歩について学べる作品として読売新聞に取り上げられています。

≪作品概要≫
原作:支倉凍砂
監督:高橋丈夫
脚本:荒川稔久
キャラクターデザイン:黒田和也(第1期)、小林利充(第2期)
音楽:吉野裕司
アニメーション制作:IMAGIN(第1期)、ブレインズ・ベース、マーヴィージャック(第2期)
放送局:独立UHF局など
放送期間:2008年1月~3月

Icn nextpage次のページ:アニメ好き以外が見ても面白いおすすめアニメ20選 2ページ目

関連記事

合わせて読みたい

おすすめの記事

マイニュースを設定すれば、
気になる学校周辺のローカルな話題が見つかります!

設定はこちら


ネタ・おもしろ・エンタメの話題ランキング

今日の学年別おすすめニュース

会員登録いただくとおすすめニュースをご覧いただけます。

ネタ・おもしろ・エンタメのキーワード