きちんと管理が大事! 彼女と一緒に決めておきたいお金のルール

学生の窓口編集部
2015/12/01
恋愛
あとで読む

デートを楽しむのにもお金は必要ですし、結婚するならもっと大きなお金が必要になってきます。将来のことを考え、お金についてのルールを作ることをおすすめします。どんなルールが良いか、少しご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■1回のデートで使うお金は5,000円まで

将来のことを真剣に考えるなら、デートの予算を決めましょう。予算を決めないと、どこまででもお金を使ってしまうからです。あまりケチっても楽しめませんし、かといってお金をかけすぎても貯金できません。金額はふたりで話し合って決めましょう。たとえば、月1万円がデート予算なら2人で2万円。毎週末デートをするとして月4回。すると1回のデートで使えるお金は5,000円と決まってきます。このように上限を設けておけば使いすぎる心配がありません。

■毎月、旅行貯金をする

いつかふたりで旅行に行けるように、旅行貯金をしてみませんか?1,000円でも2,000円でもいいのですが、ふたりで決めた額を毎月積み立てていくのです。貯金が貯まったら旅行に行くことができるので、頑張って貯めようと必死になれますよ。励まし合いながら貯金するので、途中で挫折することもありません。次の旅行のプランをたてながら、頑張って貯金していきましょう。

■ママ財布を活用する

「ママ財布」ってご存知ですか?ふたりで毎月お金を出し合い、たとえば彼にその財布を管理してもらうという考えのお金のやりくり方法です。イマドキのカップルの間ではやっているんですよ。いわゆる、ふたりの共通のお財布ですね。そのお財布のお金でデートなどを楽しむので、使い過ぎを防げます。お金を使う時はふたりで相談して決めため、ムダな出費も減り、節約にもなりますよ。お財布をどちらが管理するのかについては、よく話し合って決めましょう。

■イベントごとや旅行の時はケチケチしない

普段は節約を心がけ、出費を抑えようと頑張るけれど、イベントごとや旅行の時は奮発しようというふたりのルール。確かに、ここぞという時はケチケチしたくありませんよね。このルールがあるからこそ、普段の節約も苦痛に感じずにいられるというものです。イベントごとを大切にするカップルにぴったりのルールですね。

■プレゼント予算は5,000円

誕生日やクリスマスなど、プレゼントを贈り合う時の予算をあらかじめ決めておきましょう。決まった金額の中で、いかに相手に喜んでもらえるものを選ぶか考えるのも楽しいですよ。手作りのプレゼントにするなど工夫すると、十分な予算といえます。また、同じ金額で贈り物を選ぶのでお金のトラブルが生じる心配もありません。もちろん金額はふたりで話し合って決めてくださいね。

ふたりがお金で喧嘩することのないように、前もってルールを決めておくというのはとてもいいアイデアです。また、お金のルールがあった方が、将来のための貯金も貯まりやすくなりますよ。ふたりで話し合って、うまくお金をやりくりしていきましょうね。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催