冬到来! 恋人とスキーにいくときに絶対に準備したいもの5選

学生の窓口編集部
2015/11/30
恋愛
あとで読む

冬には冬ならではのデートの楽しみ方がありますよね。スキーもそんな季節限定の楽しみの1つですが、スキー場といえば、生活の場からは距離が離れているもの。恋人とのスキーデートへ行く前に、忘れ物がないよう、準備しておきたいものをチェックしましょう。

■スキーをするにはスキー道具

なにはともあれ、スキー板やスキーブーツ、ストックなどのスキー道具がなければ始まりません。現地でレンタルもできるので、スキーが初めてという2人なら、相談してレンタルすることを考慮しましょう。どちらかがスキーに慣れているなら、一緒に購入に行くのもいいですね。スキー板にワックスを塗ることも忘れずに。

■気温の低い雪山で身に付けるもの

スキーウエアの上下もレンタルできます。購入する場合は、スキー場でお互いを見失わないよう、少し目立つ色合いの入ったものがよいかもしれません。ゴーグル、グローブ、帽子なども借りることができる場合がありますが、直接肌に触れるものなので、気になる人は持参します。グローブは撥水性のあるものを。ネックウォーマーやレギンスも防寒に役立ちます。濡れたときのことを考えて、インナーや靴下の替えも用意しておくとよいでしょう。

■お金などの貴重品

道具やウエアをレンタルするなら、身分証明証が必要なので、持っておきます。レンタル代金、昼食や飲み物など、予想外にお金がかかることもあるので、お金は多めに入れておきましょう。万が一のときのためにも、保険証やカードもあるといいですね。

■あると便利な小物

必ずしも必要でなくても、あると便利なのは、リフト券ホルダー。スキーウエアに付属している場合もあります。スキー経験があまりなくて、転ぶ可能性が高い人なら、防水スプレーを。何度も転ぶうちにウエアが濡れてくることもあるので、スプレーをかけておきます。濡れたとき用のミニタオルや、道具の片付け用タオルも持っておきましょう。

■ドラッグストアで準備

スキー場では雪の照り返しがあるので、日焼け止めを持っておきましょう。リップクリームもあると、乾燥防止になります。絆創膏は軽いものなので、ポケットや財布などに入れておきます。ちょっとした傷、靴擦れなどに便利です。通常とは気温が違うことも考えて、ティッシュを用意しておくとよいですね。行くときには元気でも、雪山で遊んでいるうちに鼻水が出てくる可能性があります。また、風邪薬や酔い止め、疲れたときのチョコレートなど、もしもに備えて持っておくとよいでしょう。相手が必要なときにも、さっと取り出してあげるとよいですね。

恋人と思う存分スキーを楽しむためには、必需品を忘れずに。いつもと違う場所であることを考えて、持ち運びに不便でないものなら、多めに用意しておきましょう。相手が困ったときにも、すかさずフォローできるとよいですね。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催