いつまでもアツアツな二人に! 素敵な恋人関係を保つための5つの方法

学生の窓口編集部
2015/12/02
恋愛
あとで読む

大好きな人とせっかく付き合えたのであれば、ラブラブな関係を長く続けたいものです。付き合う前は付き合えるかどうかに悩んでいたものが、付き合えたら付き合えたで関係が壊れてしまわないようにと、恋の悩みには終わりがないもの。そんなあなたに、いつまでもアツアツな二人でいるためのコツを紹介いたします。

■お互いに最低限の自由がある関係を

付き合ったからと言って、彼、彼女の全てがあなたのものになったと思うのは大きな間違いです。どこまでいってもあなたの生活はあなたのものですし、相手の生活は相手のものなのです。こんな単純なことを忘れてしまう人がやりがちなのが、いわゆる束縛。束縛は、カップルの破局の理由のかなり上位にはいります。中には、束縛に愛を感じるという人もいますが、それは少数意見であり、大多数の人は、彼氏、彼女だからと言って、あまりに自分の生活や人間関係に意見されると嫌気がさします。よく、束縛をしてふられた人が、「こんなに愛してるのに」などと言いますが、それは相手のことではなく、あなた自身を愛しているだけなのです。

■たまにはサプライズを

付き合いが長くなり、倦怠期やマンネリ化したカップルに刺激を与えるのに役に立つのがサプライズです。統計的にも節目や記念日になにかしらのサプライズ的な行動をおこなっているカップルほど長続きしている傾向にあります。また、サプライズと言っても、テレビやネットなどでよく見るいわゆるドッキリというほどの大掛かりなものではなく、相手の喜ぶプレゼントをあげたり、普段はなかなか照れくさくてなかなか言えない感謝の言葉や愛情を言葉にするようなプチドッキリで十分です。逆にあまりに大掛かりなサプライズを毎回おこなっていると、初めは楽しいかも知れませんが、だんだん疲れてくる恐れもあります。

■お互いの違いを認め合う

付き合えたのはお互いの相性がいいからといっても、好きなものや嫌いなものなどの価値観が似ているとは限りません。一般的には好きなものが同じカップルよりも、嫌いなものが同じカップルのほうが喧嘩が少なく長続きしやすいと言われています。だからと言って価値観が違うイコール長続きしないという訳では決してありません。いかにお互いのことを考えてあげることができるかが重要なのです。少なくとも相手が好きと言っているものを自分が嫌いだからといって、文句を言うのはやめておきましょう。

■愛情を表現する

日本人は基本的に愛してるなどの言葉を言うのが苦手な人種です。特に男性が。ただし愛情を表現するとは、「愛してる」や「大好き」などの言葉をいかに言えるのではなく、いかに相手のことを思って気を使えるかということです。確かにお互いに気を使わない関係は素敵ですが、たまには相手に気を使い、愛を示してあげるのも大事なことです。愛してるなどの言葉を軽々しく人前でも言いまくり、結局別れてしまうカップルなど山ほどいます。行動の伴わない言葉ほど、楽で最悪なものはないのです。

■過度に相手に尽くしたりかまったりしない

長続きしやしいカップルの傾向に対等な関係というものがあります。相手のことが大好きなのはわかりますが、自分の時間やお金を使いすぎることは、恋愛を早く終わらせてしまいます。過度な愛情は、はじめは相手も喜ぶかも知れませんが、いずれはうっとうしくなり、あなたは相手にとって思春期の母親のような存在になってしまいます。相手への依存もほどほどにしておきましょう。

いかがでしたでしょうか。長続きするカップルには、やはりそれなりの理由があり、共通点が存在するようです。ここに書いたことが必ずしも全て正しいとまでは言いませんが、結局はお互い、悪い意味ではなく他人であるため、いかに相手のことを考えてあげることができるかが大切なのです。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催