無理めな恋でも覆す? 片思いに効果的なLINEの送り方

学生の窓口編集部
2015/11/30
恋愛
あとで読む

コミュニケーションツールとして、LINEは欠かせない存在になりつつあります。相手がメッセージを読んだかわかり、連絡をとりやすいのが理由です。LINEを上手く使って片思いの相手との距離を縮めましょう。今回は、片思いに効果的なLINEの送り方をご紹介します。

■スタンプをまじえながら、短文でテンポよく

女の子のLINEは、文章が長めですよね。片思いの相手へのLINEは、伝えたいことが多すぎて、さらに長文になりがちです。例えば、「今日何してたの? 私は○○ちゃんとカフェにいって2時間も話しちゃったよ。スイーツも美味しかったし、あのカフェ穴場かも! ●●くんの好きなガッツリ系のメニューもあったから、今度一緒にいかない?」とLINEを送ったとします。それに対する彼のLINEはが「いいよ。」だけだったとしたら、そっけなく感じ心が折れそうになりますよね。しかし、男の子は長文よりも短文でテンポの良いLINEを好む傾向にあります。歩くペースが同じ相手には好感を抱きますよね? LINEのペースも同じです。また、長文を連発されると、返信するのも面倒に感じる男の子もいます。会話のキャッチボールが上手くいくように、スタンプも使って短めの文章を心がけましょう。

■ネガティブはNG! 明るい内容を心がける

片思いの相手には、明るい内容のLINEを送るようにしましょう。「この子とLINEしていると楽しいな。もっとこの子と仲良くしたいな」と思ってもらえるように、楽しい会話を心がけるといいですよ。しかし、時には嫌なことがあったり、彼からの返信がなくてネガティブな気持ちになってしまうことがあるかもしれません。ですがそんな時も、暗い内容のLINEを送るのはおすすめできません。恋人でもないのにあまり寄りかかられると、面倒な相手だな、と彼に一線を引かれてしまいかねません。気持ちが暗いときは、いっそのことLINEを控えましょう。

■LINEを送りすぎてしまったら、少しLINEを控える

恋愛に駆け引きは大切です。押すだけでなく、時には引いてみましょう。片思いの相手に最近LINEを送りすぎてしまっているなぁと思ったら、数日間自分からのLINEを控えてみましょう。この話題で盛りあがりたい!ということがあっても、緊急性が高くなければぐっとガマンします。男の子は追われると逃げたくなり、逃げられると追いたくなる生き物です。今まで頻繁だったLINEがパタっとなくなってしまうと、相手は「何かあったのかな。」、あるいは「どうして送ってこないんだろう。」と気にするようになります。LINEを送りあう仲のいい友達から恋人に発展するには、相手から意識されるように仕掛けることが大切ですよ。そして片思いの相手からLINEが来たら、今までと変わらないテンションで返しましょう。あまり素っ気ない態度を取りすぎると、彼はあなたに嫌われていると勘違いしてしまうので要注意です。

明るくテンポよく、時には引いて相手の反応をみる。片思いLINE対策講座がおすすめする、LINEの押さえておきたいツボです。相手の気持ちをつかむために必要なことは、実はシンプルです。ぜひ片思いの相手とのLINEに取り入れてみてくださいね。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催