いつまでもいい夫婦でいられるように! 一生付き合う相手への接し方3選

学生の窓口編集部
2015/11/30
恋愛
あとで読む

結婚式はパートナーとの長い共同生活の始まりです。結婚年齢の平均を30歳手前、平均寿命を80歳辺りとすると、ざっと考えて50年もお付き合いをすることになるのです。一度は永遠の愛を誓い合った2人ですから、できるだけ結婚生活は仲良く過ごしたいですよね。

およそ半世紀ほどの長い間仲良い夫婦付き合いを続けるためにはどうしたらいいのか、ポイントをまとめました。

■「親しき仲にも礼儀あり」と心得る

結婚するときに「居心地のいい家庭を作りたい」と願う方は多いのではないでしょうか。外でどんな嫌なことがあっても家に帰ればホッと安らげる、ありのままでいられる、素の自分を受け入れてくれる場所。

しかしそんな素敵な家庭を作るためにはやはりお互いの努力が必要なのです。夫婦とはいっても元は別々の家庭で生まれ育った、他人同士。入籍して法律上は家族になったとはいえ、実質的に本物の「家族」になるために心がけたいことがあります。

それは、相手に気を遣うということです。言葉づかいに気を付けることに始まり、相手が不快になることは言わない、話題にしない。どうしても耳が痛いことを言わなくてはいけないときは、相手の気持ちに最大限気を配ってできるだけ傷つかないように言葉を選ぶ、といったこと。

夫婦になったからと安心してしまうと、態度がぞんざいになったり、会話に気を遣わなくなりがちです。そんな態度を取られるといくら優しいパートナーでもカチンときます。本来仲が良いから結婚したのに、一転して険悪な関係になってしまうのです。夫婦付き合いの中にも礼儀は必要と肝に銘じましょう。

■外見に気を配り、いつもきれいな自分でいる

結婚して妻または夫の座におさまったのだからもう異性の気を引かなくてもいいだろうと、おしゃれの手を抜く方も多いものです。

確かに新たな異性の気を引くことは、もうしなくていいことです。しかしあなたの「夫」または「妻」も異性に変わりないばかりでなく、結婚までした大事な異性であることを忘れてはいませんか?おしゃれに気を抜いてパートナーの気を引くことをやめてしまうと相手があなたにときめくことが減少し、セックスレスの原因になります。

結婚したからもうおしゃれをしないのではなく、結婚したからこそ今まで以上におしゃれに気を配りましょう。パートナーに「この人と結婚して良かった」と思ってもらえるよう、いくつになっても相手を自分に惚れ直させ、惹きつける努力を続けてください。

■「いい妻」「いい夫」であるための努力をする

相手にいいパートナーになって欲しいのなら、まず自分が相手にとっていいパートナーになりましょう。

妻は、専業主婦の方なら家事に力を入れる、共働きであれば夫が疲れているときは分担している家事を引き受けて夫の負担を軽減してあげるなど、夫が自分の仕事に打ち込めるようフォローをしましょう。また夫が大事にしている趣味への理解を示すことも大切です。一緒に楽しめればベストですが、それが無理なら夫が趣味に打ち込む時間を快く許しましょう。

夫は、妻の大して意味のないと思われるおしゃべりにもきちんと耳を傾け、友人とのランチ会など自分以外の人間との交流を快く応援するなど、妻が快適な生活を送れるよう気を配りましょう。

まずは自分がいいパートナーになって相手を満たしてあげることで、相手が感謝の気持ちを持ち、お返しにといいパートナーになるための努力をしてくれるようになります。

よい夫婦付き合いを続けるためには、まずお互いが相手の状態に気を配ることです。そして相手の嫌がることをしない、ある程度の相手の自由を許す、など。こうして考えると他の人間関係で気を付けることと似ていますね。

まず相手を尊重すれば相手も自分を尊重してくれるようになる。長い夫婦生活、お互いに協力し合って2人で幸せになりたいですね。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催