夫婦でも気持ちはツーカーじゃない! 「察してちゃん」を卒業して夫婦関係を良くしよう

編集部:はまみ
2015/11/29
恋愛
あとで読む

夫婦でケンカになるのはどんな時でしょうか。夫が家事を手伝ってくれない時、イライラしてつい文句を言ってしまう女性は多いようです。では、日頃から気持ちをきちんと伝えていますか。夫婦なんだから、自分で察してほしいと思っている人は要注意です。では、どうしたら夫婦円満でいられるのでしょうか。

■夫婦であっても別々の人間であることを自覚する

いくら夫婦といえども、男性と女性はそもそも別々の生き物と言われているほど違いがあります。たとえば、女性はこんなに忙しくしているんだから、言わなくても気づいて手伝ってくれるはずと思ってしまいがちですが、女性の気持ちを察して自分から動ける男性は少数派です。むしろほとんどの場合は、気持ちを言葉で説明しなければ伝わりません。この場合「これとこれをやってほしい」といくつも一度に頼むのではなく、ひとつだけに絞って簡潔に頼みます。男性は言われたことをすぐにやろうとはしないことが多いので、ぐっとガマンしてしばらく待ってあげてください。時間がかかってもやってくれたことに関しては「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることが大切です。

■「察してほしい」という考えをなくす

察してほしいと思うのは相手に過剰な期待をしている証拠です。ごく普通のお願いであって、過剰と言われるほどのことじゃないんだけど…と思うかもしれませんが、この「言わなくてもわかる」という思い込みがストレスの原因。最初から何も期待をしていなければ、イライラすることもありません。「ちょっとお願いがあるんだけど、いいかな?」という感じで、タイミングを見てにこやかに言いましょう。忙しいのにそんな余裕はないわと思う人も、自分だけがイライラしている状態は損だと思いませんか。察してほしいという考え方をなくすだけでスーッと心が楽になるものです。

■感謝の気持ちを忘れずに伝えよう

相手の悪いところばかり目が行ってしまうという人は、良いところに注目してあげるクセをつけましょう。男性が手伝ってくれた家事にダメ出ししたくなっても、ストレートに否定してはいけません。まずは「ありがとう。助かるわ」と感謝の気持ちを伝えてから「ここは次からこうやってくれるともっと嬉しいわ」とサラっと言えれば素敵です。日頃から感謝の気持ちを忘れないこと。やってくれなかったことに腹を立てるよりも、やってくれたことに感謝をしていれば怒ることもなくなります。いつもお礼を言うことで、気がついたら男性が自分から動いてくれるように変わっていたという事例もあるほどです。

いかがでしたか。このように、夫婦円満の秘訣はどんな時でも気持ちをきちんと伝えることです。一度、あらためて日頃の様子を振り返ってみてください。当たり前と思っていることが、実はとてもありがたいことかもしれません。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催