仕事と恋愛は別モノなのに! 同僚カップルに感じるモヤモヤ感5選

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

愛する恋人と一日中一緒にいられる社内恋愛は、誰もが一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。ですがまわりを顧みない行動には同僚が迷惑してしまいます。業務にも支障をきたしてしまいそうなシチュエーションをまとめました。

■彼または彼女が上司の場合

彼または彼女のどちらかが上司な場合、とにかく自分の恋人をひいきしてしまいがちです。部下である恋人のミスを他の社員に押しつけたり、何でも思い通りにしてあげたり、長く休憩を取るのを黙認したり。まさに公私混同ですね。まわりにとっては迷惑以外の何物でもありません。仕事がうまくいくには、社員同士が一つのチームとしてまとまっている必要があります。ですがこれではチームどころか不協和音が響いてしまいそうです。

■社内でも二人の世界

手を繋いで一緒に出勤したり、仕事中にも二人でヒソヒソ話をしていたり、いつもべったり一緒にランチに行ったりされると、まわりもうんざりしてしまいます。同僚と一緒にランチをしてコミュニケーションすることが仕事に好影響を与えることもありますが、恋人同士いつも二人っきりでは、まわりも誘いにくくなってしまいます。また、仕事中なのに恋人同士がプライベートの話をしていると、仕事をしている人はイライラしてしまいます。

■カップルのケンカで仕事に支障が

カップルがケンカしているために、仕事でのコミュニケーションに支障が出るというケースも。カップルが話をしないために会議が緊迫した変な空気になったり、意思疎通がないためにまわりが気を遣わなければならなかったり、電話にも出なかったり。まわりはうんざりどころか仕事に支障が出て迷惑してしまいます。

■恋愛話を長々と

恋愛話をダラダラとされるのは、興味がなければうんざりする話です。当の本人は、自分の恋人をよく知っている同僚には話がしやすいという気持ちがあるのでしょうが、聞かされる方は、ときには迷惑です。それに例えば恋人がいないシングルだったり、別れたばかりという人は他人のラブラブ話なんて聞きたくないものです。

■一緒に休む

有給休暇を一緒に取りたいのはわかりますが、まわりは正直迷惑している場合があります。とくに小さなオフィスの場合は、仕事が回らなくなってしまう場合もあります。また、どちらかが病気で休む場合、からといって、もう一人も看病するために休むというパターン。仕事より恋愛を優先させる行為は、社会人としてふさわしくありませんね。

仕事に悪影響を与えないためには、社内恋愛をしていても伏せておくのが最も常識ある行動です。それができないなら、せめて私情を会社に持ち込まないのが鉄則です!たとえオープンにしていても、まわりから好意的に受け止められるような社内恋愛が理想ですね。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催