男心が分かるようになる? 彼氏から聞く恋愛の本音4選

学生の窓口編集部
2015/11/30
恋愛
あとで読む

どうしてメールに返信しないの? 彼女がいるのに、他の女の子をちらちら見るのはなぜ? 元気がないから「何かあったの?」って聞いてるのに、何も話してくれない。そんな不満を持つ恋愛中の女の子も多いはず。そんな彼氏の理解できない行動がわかる、男心のしくみを解説します。

■メールに返信しなくても気にしないで欲しい

彼からメールの返信がこないこと、ありますよね。例えばデートの約束をメールでしたとして、待ち合わせ場所や時間が決まってからも、女性はデートの話題やその日にあったことなどについてメールを続けることが多いですが、彼からはぱったり返信がなくなることも。

女性は恋愛においてメールをコミュニケーションの一つとしてとらえていますが、男性は、仕事だけでなく恋愛でも、メールは連絡手段ととらえています。例えばデートの待ち合わせ場所をメールで決めたとしたら、彼にとってはメールの役割はそれで終わり。彼女が愛情表現として他愛ないメールを送っても、彼にとっては反応に困ってしまうので、返信が来ないことも多いのです。

返信がないからと言って、気にしないでほしい、「どうして返信しないの?」と言うのはやめてほしいというのが男心です。

■他の女性に目が行っても許してほしい

女性がイケメンの男性が出て来る恋愛映画やドラマでキュンキュンするように、男性も、彼女がいても、きれいな女性がそばにいたら、つい目が行ってしまう生き物です。特に男性は視覚に対する刺激にすぐに反応してしまうので、その傾向が顕著。だからといってその女性とどうこうしようとは必ずしも思っているわけではありません。彼女がいても、きれいな女性がいれば目が行ってしまうのは男の本能。男として仕方ないので許してほしいというのが本音です。

■察してって言われてもわからない

急な用事で会えなくなった時、「(ホントはさみしいけど)大丈夫だよ。」と言ったり、彼の家から帰る時に「(ホントは駅まで一緒に行ってほしいけど)一人で帰れるよ。」と言ったり、女の子は我慢したり無理をして「大丈夫。」と言ってしまうことがありますよね。言葉の裏にある「ホントは○○だけど…。」女の子同士なら察することができることも、男性にはわかりません。「大丈夫。」と言ったら、「あ、いいんだ。」とその言葉通りに受け取ってしまいます。鈍感!と怒らないで、本当にやってほしいこと、やめてほしいことがある時は、はっきり言葉で伝えるようにしましょう。

■一人の時間も欲しい

男性には、恋愛中でも放っておいて欲しい時期があります。彼が何かに悩んでいたりするようなら、彼女としては「どうしたの?」「何かあったの?」と女同士のように悩みを聞きたくなりますが、色々聞かれたくない、自分で解決するから放っておいて欲しい、と思うのが男心です。「どうしたの?」と聞いてみて「うん、ちょっと。」などとはぐらかすようなら、何かに悩んでいる様子でも、そっとしておいてあげましょう。さみしいときは、女友達と遊んだり、勉強や趣味の時間を充実させるようにしてみて。


いかがでしょうか。よくわからない彼の行動、少し理解できましたか? 恋愛でも男女で考え方や感じ方が違うことは色々あります。ここに書いた中でも、個人個人で程度には差があるものです。女の子とはちょっと違う男心を理解して、彼と良い関係を続けられるようにしたいですね。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催